バイナンス、10億ドル相当BUSDをBTCやETHなどに交換へ。銀行破綻やディペッグ問題受け

バイナンスが10億ドル相当BUSDをBTC等に交換へ

大手暗号資産(仮想通貨)バイナンス(Binance)が、10億ドル(約1,343億円)相当におよぶ米ドルステーブルコインBinance USD(BUSD)をビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、バイナンスコイン(BNB)に交換していくという。同取引所CEOの「CZ」ことチャンポン・ジオ(Changpeng Zhao)氏が3月13日に自身のツイッターで発表した。

CZ氏によると、この取り組みは先週末に発生したシリコンバレー銀行(Silicon Valley Bank:SVB)およびシグネチャー銀行(Signature Bank)の経営破綻と、SVBの破綻に伴ない一時1:1の価値を保てなくなった米ドルステーブルコインUSD Coin(USDC)の状況を踏まえたものだという。

なお資金の出所については、バイナンスが昨年末に設立した「暗号資産業界復興ファンド(Industry Recovery Initiative:IRI)」から拠出されたものとのこと。

CZ氏から公開された「IRI」のアドレスを確認すると、この取り組みが発表された3月13日13:00(日本時間)から約1時間経過したところから資金が動きをみせ始め、記事執筆時点(同日15:00)においても続々とDEX(分散型取引所)ユニスワップ(Uniswap)でスワップが行われている。

「IRI」は昨年破産した大手暗号資産取引所FTXによって発生した流動性危機にあるプロジェクトを支援するイニシアチブ。設立当時CZ氏は「FTXによる悪影響がさらに連鎖するのを防ぐため」とその目的を述べていた。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/atdigit

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した