バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定

バイナンスがIRIに10億ドル拠出、ポリゴン、アニモカ、アプトスらも参加予定

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産業界復興ファンド(Industry Recovery Initiative:IRI)に10億ドル(10億BUSD)を拠出したことを11月25日に発表した。

またJump Crypto、Polygon Ventures、GSR、Aptos Labs、Animoca Brandsらも計5,000万ドルを拠出する約束をしているという。なおすでに約150件ほど拠出を希望するための応募があったとのことだ。

このファンドは、破産に追い込まれたFTXによって発生している流動性危機にあるプロジェクトを支援を目的に、バイナンス(Binance)のCEOである「CZ」ことチャンポン・ジオ(Changpeng Zhao)氏が11月14日に発表していたものだ。発表当時CZ氏は「FTXによる悪影響がさらに連鎖するのを防ぐため」と同ファンド設立の目的を述べていた。 

なおこのファンドの取り組みは約半年を予定しているとのことだ。ファンドへの投資ストラクチャーに関しては、トークン、フィアット、株式、転換社債、負債、クレジットラインなど個々の状況に応じたソリューションに対応する方針だという。

なおバイナンスは、必要があれば20億ドルまで拠出を拡大する意向としている。

参考:Binance
images:iStocks/LuckyStep48
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も