バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定

バイナンスがIRIに10億ドル拠出、ポリゴン、アニモカ、アプトスらも参加予定

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産業界復興ファンド(Industry Recovery Initiative:IRI)に10億ドル(10億BUSD)を拠出したことを11月25日に発表した。

またJump Crypto、Polygon Ventures、GSR、Aptos Labs、Animoca Brandsらも計5,000万ドルを拠出する約束をしているという。なおすでに約150件ほど拠出を希望するための応募があったとのことだ。

このファンドは、破産に追い込まれたFTXによって発生している流動性危機にあるプロジェクトを支援を目的に、バイナンス(Binance)のCEOである「CZ」ことチャンポン・ジオ(Changpeng Zhao)氏が11月14日に発表していたものだ。発表当時CZ氏は「FTXによる悪影響がさらに連鎖するのを防ぐため」と同ファンド設立の目的を述べていた。 

なおこのファンドの取り組みは約半年を予定しているとのことだ。ファンドへの投資ストラクチャーに関しては、トークン、フィアット、株式、転換社債、負債、クレジットラインなど個々の状況に応じたソリューションに対応する方針だという。

なおバイナンスは、必要があれば20億ドルまで拠出を拡大する意向としている。

参考:Binance
images:iStocks/LuckyStep48
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored