富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携

富士通とセトルミントが提携

富士通とベルギーのセトルミント(SettleMint)が、ブロックチェーンを活用したDXと社会課題解決の促進のため、グローバルな戦略的提携に合意したことを11月25日発表した。

セトルミントは、ローコードでブロックチェーンシステムを開発できるクラウドサービスを提供する企業。このサービスは専門知識がなくてもブロックチェーンを活用したシステム開発が短期かつ容易に実現が可能とのこと。なお同社は今年10月に実施したシリーズAの資金調達ラウンドで1600万ドル(約23億円)を調達しており、富士通はこのラウンドに子会社富士通ベンチャーズ運営のファンドを通じて出資参加していた(出資額については非公表)。

今回の提携により富士通は、同社のブロックチェーン活用のトレーサビリティプラットフォームを実現するサービス「Fujitsu Track and Trust」の販売メニューにセトルミントのクラウドサービスを加えるとのこと。これにより「Fujitsu Track and Trust」をグローバルに販売し、企業や社会のブロックチェーンのシステム開発を加速するとしている

なお「Fujitsu Track and Trust」のグローバル販売にあたり、セトルミントは販売・技術サポートを行うとともに、富士通の総合的なシステム開発の実績や顧客基盤を活用し、セトルミントのサービスの適用分野拡大を目指すとのこと。

また両社は、富士通を日本におけるセトルミントのサービスの独占パートナーとすることに基本合意しており、今後その具体的な条件について検討を進めていくとしている。

富士通の「Fujitsu Track and Trust」は、総合重工業グループIHIの「アンモニアCO2トレーサビリティプラットフォーム」や英ボタニカルウォーターテクノロジーズ(Botanical Water Technologies LTD.:BWT)と富士通が開発した水取引プラットフォーム「ボタニカルウォーターエクスチェンジ(Botanical Water Exchange:BWX)」などに利用されている。

なおこれらプラットフォームおよび「Fujitsu Track and Trust」のブロックチェーン基盤には、エンタープライズ向けブロックチェーンであるハイパーレジャーファブリック(Hyperledger Fabric)が採用されている。

関連ニュース

IHIと富士通、ブロックチェーンで燃料アンモニア製造から利用までのCO2排出量を可視化

富士通ベンチャーズ、ブロックチェーン開発プラットフォームSettleMintへ出資、日本展開も発表

JCBとJP GAMESと富士通、メタバースやゲームでのデジタルデータ権利管理に関するプロジェクト

TEIJINと富士通、ブロックチェーンで「リサイクル素材の環境価値化プラットフォーム」実現へ

アジア開発銀行がブロックチェーン国際証券決済の実証実験。ソラミツ、富士通、R3、コンセンシスらと提携し

参考:富士通
デザイン:一本寿和
images:iStocks/TaiChesco・Lidiia-Moor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている