バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に

バイナンスが銀行を介した米ドルの入出金を一時停止

暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時的に停止することを7日発表した。

銀行を介したバイナンスへの米ドルの入出金が一時停止されるのは、Binance.comのユーザーのみが対象とのこと。バイナンスの米国拠点バイナンスUS(Binance US)を利用するユーザーには影響が無いとのこと。

また一時停止されるサービスは銀行を介した米ドルの入出金のみで、暗号資産の売買など他の取引サービスには影響が無いとしている。バイナンスはできるだけ早く米ドルの入出金を再開させるとのことだ。

バイナンスのCEO「CZ」ことチャンポン・ジオ(Changpeng Zhao)氏は、米ドルの入出金一時停止について「銀行を介した米ドルの入出金が、月間アクティブユーザーの内わずか0.01%しか利用されていないことは注目するに値します。しかし、まだこの米ドルの入出金のユーザー体験が悪いことを認識しており、チームはこの問題解決に迅速に取り組んでいます」とツイートしている。

バイナンスは昨年6月、ブラジルレアルの入出金も一時停止したことがあった。この時はブラジル中央銀行によるポリシー変更の為、ブラジルレアルの入出金を運営していたブラジルの決済事業者「キャピチュアル(Capitual)」とのパートナーシップが終了したことで、入出金が一時停止された。なお現在は新たなブラジルの決済事業者に切り替えており、ブラジルレアルの入出金は再開されている。

関連ニュース

バイナンス、ブラジルレアルの入出金を一時停止

バイナンスとマスターカード、ブラジルで暗号資産カード提供へ、南米2カ国目

バイナンス、APIユーザー向けにセルフトレーディング防止機能提供

バイナンス、不正送金疑惑のBitzlatoとビットコイン(BTC)大口取引=ロイター

バイナンス、アルゼンチンとコロンビアの業界団体へ戦略的パートナー参加

参考:Binance
デザイン:一本寿和

images:iStock/LuckyStep48

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない

ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で

2月21日に延期が発表されていた「エルフトークン(ELF)」の抽選・決済・付与について、翌22日より順次実施開始された。国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフライヤー(bitFlyer)が2月22日発表した。なお「ELF」付与実施において、国内IEOで初となる「ロックアップ契約」を締結したとのこと。ロックアップとは、一定期間トークンを売却できない状態にすること。売り圧(売却による価格の急落リスク)を対策する手段となっている