バイナンスがオーストリアのライセンス申請取り下げ=報道

バイナンスがオーストラリアから撤退

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)のヨーロッパ戦略がまたも後退した。

バイナンスは、オーストリアの金融規制当局(FMA)へのライセンス申請を取り下げたという。報道機関のファイナンスフォワード(FINANCE FWD)が情報筋の話をまとめる形で6月26日報じた。

報道によると、明確な時期は定かではないが少し前にバイナンスはFMAへの登録申請を取り下げたようだと関係者が明かしたという。

またその他にもFMAがバイナンスに対し、水面下で圧力をかけていたとも報じられている。

FMAはファイナンスフォワードからのコメントの要請に応じ、個々の企業についてのコメントは控えると回答したとのことだ。

なおバイナンスは昨年、オーストラリアでのライセンス取得を目指して、子会社バイナンス・オーストリアGmbHを設立したといわれている。

暗雲立ち込めるバイナンスの欧州への市場拡大

なおバイナンスは6月23日、ベルギーの金融規制当局FSMA(Financial Services and Markets Authority)より、暗号資産取引とカストディウォレットサービス提供を即時停止するよう命じられている。

バイナンスの英国部門であるバイナンスマーケッツリミテッド(Binance Markets Limited)は5月、英国にて事業を行うためのライセンス申請を取り消している。

またバイナンスは6月、キプロス共和国における暗号資産サービスプロバイダーとしての登録抹消を申請。同月16日には、オランダにて暗号資産サービスプロバイダー(VASP)ライセンスを取得できなかったため、同国の市場から撤退することを発表していた。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:FINANCE FWD
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Belyay

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している