HSBC香港がBTCとETHのETF取引開始、香港ユーザーに機会提供拡大へ=報道

暗号資産に触れる機会を拡大

香港大手銀行のHSBC香港(香港上海銀行)がユーザーにビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の上場投資信託(ETF)を提供開始したようだ。暗号資産(仮想通貨)ジャーナリストのコリン・ウー(Colin Wu)氏をはじめ、各社が6月26日報じている。

その報道によれば、HSBCでは香港証券取引所に上場している暗号資産ETFを提供しているという。ウー氏がツイートした時点(日本時間:6月26日18:36)で、同取引所にはCSOPビットコイン先物ETF、CSOPイーサリアム先物ETF、サムスン・ビットコイン先物アクティブETFを含むETFが取り扱われているとのことだ。

またウー氏はHSBCのこの動きについて、香港ユーザーが暗号資産に触れる機会拡大を目的としていると指摘している。

なお各社報道によれば2022年3月時点で、HSBC香港には170万人のモバイル顧客がおり、すべての小売取引の約95%はオンラインで処理されているとのことだ。

暗号資産に寛容な香港

香港では暗号資産推進の機運が高まっている。

香港のポール・チャン(陳茂波)財政長官は今年1月に行われたweb3関連のイベントで講演し、香港が暗号資産のハブ(中心地)になることを目指していると述べていた。

また5月には、香港の銀行規制当局である香港金融管理局(HKMA)が会議の中で、HSBC香港およびスタンダードチャータード銀行(Standard Chartered)、中国銀行などの金融機関らへ、暗号資産取引所を顧客として受け入れていない理由を質問。HKMAは金融機関らに対し、暗号資産取引所を怖がらないよう促し、顧客として受け入れるよう要請したと報じられている。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Moussa81

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察