HSBC、メタバースにおける銀行サービスやNFTを対象範囲とする商標登録

HSBC、NFTやメタバース関連の商標を登録

英ロンドンに本社を置く大手銀行HSBCが、メタバース分野におけるビジネスを対象とする商標2点を米国特許商標局(USPTO)に登録した。USPTOが公開した書類によって明らかになった。

商標の内容については「HSBC」の文字商標と「八角形をベースにデザインされたロゴマーク」の2点となっている。またこれらの商標の出願日はいずれも12月15日となっている。

これらの商標が適用される範囲については2点とも同様で、以下の5つの分野のモノやサービスが記載されている。

(1)メタバース分野で銀行サービスやクレジットサービスなどを提供するためのソフトウェア
(2)経営管理・広告・会計等のビジネス向けサービスの提供やオンラインマーケットプレイスの運営
(3)メタバースにおけるクレジットカード取引、決済処理、電子送金などの金融サービスの提供
(4)娯楽目的のメタバース空間の提供
(5)デジタル資産やNFTの取引などの金融サービスを目的としたソフトウェアの開発

今回登録された商標は、いずれもNFTやメタバース等のweb3分野のビジネスおよびサービスを想定したもののようだ。したがって今後HSBCは、web3分野に事業を広げる可能性が高いと考えられる。

HSBCは今年3月にイーサリアムベースのメタバースである「サンドボックス(The Sandbox)」に参入し、仮想の土地を表すLANDを購入したことを発表している。また同社は4月にアジアの富裕層をターゲットとしたメタバース投資ファンドの提供を発表している。

また米大手資産運用会社フィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments)も、メタバース分野におけるモノやサービスを対象とする商標3点を12月21日にUSPTOに登録している。

関連ニュース

フィデリティ、NFTやメタバース関連の商標登録

3DアバターNFT「Metaani」、web3分散型メタバースプロジェクト「Metaani DNA」ローンチに向けNFT販売へ

OpenZeppelinがメタバースのセキュリティーサービス提供開始、The Sandboxと契約

クラーケンのNFTマーケットプレイス「Kraken NFT」、パブリックβ版公開

【取材】NFTマーケットプレイス「tofuNFT」、オアシス(OAS)のレイヤー1と2に対応

images:iStocks/William-Barton

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した