クラーケンのNFTマーケットプレイス「Kraken NFT」、パブリックβ版公開

「Kraken NFT」のパブリックβ版が公開

米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、NFTマーケットプレイス「クラーケンNFT(Kraken NFT)」のパブリックベータ版のローンチを12月22日発表した。

「クラーケンNFT」は先月11月にベータテスト版を公開していた。ベータテスト版では、今年の5月にウェイティングリストに応募し抽選で選ばれたユーザーのみが参加できる状況だったが、今回のパブリックベータ版ローンチにより、サービス対象地域のユーザーには利用が解放されたことになる。

ちなみに日本居住者はウェイティングリストへの登録対象外だったため、「クラーケンNFT」のベータテストには参加できなかった。そして今回のパブリックベータにおいても日本居住者は利用対象外となっている。

なお「クラーケンNFT」は、ガス代を支払うことなくNFTの取引が行えるNFTマーケットプレイスだという。イーサリアム(Ethereum)およびソラナ(Solana)のブロックチェーンに対応しており、パブリックベータでは110を超えるNFTコレクションが提供されているとのこと。

また「クラーケンNFT」では「NFT screener tool(NFT スクリーナーツール)」導入により、NFTに関するリアルタイムの市場データや平均販売価格、各コレクションの詳細な統計も確認できるとのこと。

さらに「クラーケンNFT」での取引には現金や185種類以上の暗号資産が利用できるため、従来のNFTマーケットプレイスと違い、そのNFTが発行されたチェーンの暗号資産を用意しなくて済むとのことだ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

クラーケンのNFTマーケットプレイス「Kraken NFT」、βテスト版公開

クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇

バイナンスが日本参入、国内取引所SEBC全株式取得、元クラーケンジャパン千野氏が代表取締役に

参考:クラーケン

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資