ポイントをイーサ(ETH)やリップル(XRP)に交換可能に、コイントレードとポイントインカム

ポイントカムのポイントをETH、XRPに

暗号資産(仮想通貨)販売所「CoinTrade(コイントレード)」運営のマーキュリーが、ポイントサイト「PointIncome(ポイントカム)」でユーザーが貯めたポイントを「CoinTrade」で暗号資産に交換できるサービスを12月26日発表した。

交換対象となる暗号資産はイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)で、ポイントインカムで貯めたポイントにおいて10ポイントを1円とし、5,000ポイントから暗号資産に交換が可能になるという。また、交換ポイントの上限は200,000ポイントとのことだ。

交換開始日は2022年12月26日で、交換日数として翌営業日から4営業日がかかるとのこと。なお手数料は無料だ

ポイントと暗号資産の交換にはコイントレードの口座開設が必要で、暗号資産から「ポイントインカム」のポイントへの交換は不可とのこと。また交換対象暗号資産の価格に応じて、最低交換可能ポイントは異なるとのことだ。

「ポイントインカム」は、ファイブゲートが運営する、ネットでの「お買い物」や「会員登録」「アプリダウンロード」などでポイントを貯めることができ、貯めたポイントを現金や電子マネーに交換できる、ポイントサービスだ。

マーキュリーは2021年3月より暗号資産(仮想通貨)販売所「CoinTrade(コイントレード)」のサービスを開始している。

現在コイントレードの取引所サービスでは、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、カルダノ(ADA)、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)、ポルカドット(DOT)、テゾス(XTZ)の全10銘柄の暗号資産が取り扱われており、「コイントレードステーク」では、パレットトークン(PLT)、アイオーエスティー(IOST)、ポルカドット(DOT)、カルダノ(ADA:エイダ)、テゾス(XTZ)がサポートされている。 

関連ニュース

マーキュリーが国内にて暗号資産販売所「CoinTrade」のサービス開始へ

(情報追記)マーキュリーが暗号資産交換業登録完了、デジタルアセットマーケッツも同日に登録完了

コイントレード、テゾス(XTZ)のステーキング提供開始

コイントレード、ポルカドット(DOT)上場

米格闘技PFLが独自NFTプラットフォーム提供へ、マーキュリーと提携

デザイン:一本寿和
images:iStocks/ustinroque

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した