米格闘技PFLが独自NFTプラットフォーム提供へ、マーキュリーと提携

米PFLがマーキュリーと提携し、NFTプラットフォームを立ち上げ

米総合格闘技団体のプロフェッショナル・ファイターズ・リーグ(PFL)が、独自のNFTプラットフォームの開発・運営を行うことが分かった。

PFLはNFTプラットフォーム開発のマーキュリー(Mercury)と提携し、デジタルグッズ販売をすることを3月3日発表した。またファンがデジタルグッズとなるNFTを購入・取引・販売できるように独自プラットフォーム展開も明らかにした。

販売するNFTは、PFLや出場選手をインスパイアしたものになるとのこと。4月20日に開幕する2022年のレギュラーシーズンに先駆けて提供される予定とのことだ。

なおPFLのブロックチェーンに関する取り組みとしては、昨年3月にブロックチェーン企業チリーズ(Chiliz)の運営するファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」でファントークンの発行を開始している。

またPFLの他にも米国の格闘技団体としては、UFC(Ultimate Fighting Championship)がブロックチェーン開発企業Dapper Labsとライセンスパートナーシップを締結し、今年1月に独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げ、NFTコレクターズアイテムを販売している。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

米国初、格闘技団体PFLがチリーズ(Chiliz)の「Socios.com」でファントークンを発行

総合格闘技プロモーターのUFCがブロックチェーン開発企業Dapper Labsとパートナーシップ締結

米総合格闘技UFC、コレクタブルNFT「UFC STRIKE」販売へ。ダッパーラボの「FLOW」で

米総合格闘技団体UFC、チリーズ上でファントークン発行へ

参考: PFL
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Anton-Vierietin・shironosov

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も