総合格闘技プロモーターのUFCがブロックチェーン開発企業Dapper Labsとパートナーシップ締結

総合格闘技プロモーターのUFCがブロックチェーン開発企業Dapper Labsとパートナーシップ締結

ブロックチェーン開発企業Dapper Labsと総合格闘技のプロモーターであるUFCがブロックチェーン領域において、新しいライセンスパートナーシップを発表した

このライセンスの条件の下で、UFCとDapper Labsは、Dapper Labsが開発したブロックチェーン「Flow」でUFCブランドのデジタルグッズを購入、取引、所有する機会を世界中のUFCファンに提供していく。

Dapper LabsのCEOであるRoham Gharegozlou(ロハム・ギャレゴズロウ)氏は「Flowを使用することで、開発者たちはブロックチェーンアプリ、ゲーム、デジタル資産を簡単に構築できます。 そしてUFC®と連携して、熱心なファンに、彼らが愛するゲームとコミュニティへの唯一無二の所有権を与えると、何が可能になるかを示していきます」とコメントしている。

UFCのグローバルコンシューマープロダクト担当のシニアヴァイスプレジデントをつとめるTracey Bleczinski(トレーシー・ブレクジンスキ)氏は「「UFCはDapper Labsと提携して、当社のグローバルファンベースに新しい形式のデジタルグッズを提供できることを大変嬉しく思っています。そして、UFCはスポーツテクノロジーのイノベーターであることを誇りに思っています。Flowは、ファンに最高のエンターテイメント体験を提供するもう1つの方法です」とコメントしている。

あたらしい経済編集部は、Dapper Labsの広報担当Caty Tedman(ケイティー・テッドマン)へ「NFTの市場規模見込み、NFT領域のビジネスモデル変化」について質問をした。

Caty Tedmanは質問に対し「NFTは数十億ドル規模のビジネスになると考えています。 モバイルゲーム業界を見ると、機能を持たないゲーム内アイテムは、すでにその規模のビジネスです。 NFTを使用すると、ユーザーは自分自身の所有権を表現できるだけでなく、購入した商品の価値を把握し、将来的に別の消費者に再販売することもできます。 基盤となるプラットフォーム自体は拡張できないため、規模の経済は小さいです。しかし、私たちが構築しているブロックチェーンであるFlowを使用すると、UFCのようなプロジェクトは、数億のファンであるファンベースと同じくらいの規模に拡張できます。そして、NFT領域を振り返ると、2018年から2019年までの最大のチェンジの1つは創造性でした。 2017年、ゲームの多くのプロジェクトはCryptoKittiesのようなものでしたが、2018年にはより複雑で興味深いプロジェクトが開始されました。 2019年から2020年に移行して、業界の多くの人々から、すでにスケーリングの準備ができていると聞いています。 UFCのようなブランドや、Warner Musicのような他のパートナーは、世界中の消費者に有名なプロジェクトをもたらすのに役立ちます」と答えてくれた。

編集部のコメント

UFCは、過去10年間で最も成長が著しいスポーツの1つであり、35か国以上で3億1400万人の世界的なファンとファイターが存在しています。 Dapper LabsのMediumによると、UFCファンは、スポーツの世界で最も忠実で情熱的で、ブロックチェーン基盤のサービスも使ってくれると考えているとのことです。

Dapper Labsはこれまで、デジタルグッズの開発、提供に関するパートナーシップをワーナーミュージックやNBAと結んでいます。グローバルで大きな影響力を持つなコンテンツプロバイダーと数々の提携を行なっているので、ブロックチェーンのマスアダプションに関する1つの大きな道ではないか、とあたらしい経済編集部は考えます。ただ、現在もデジタルグッズは存在しています。既存のデジタルグッズとブロックチェーン基盤のデジタルグッズは代替不可能な点、売買可能な点で異なりますが、そこにどれだけ消費者のニーズが存在しているかは、まだ明らかではないとあたらしい経済編集部は考えます。

最後に、Dapper Labs、UFC、その他の主要なスポーツ組織とのパートナーシップ、およびFlowのリリースの詳細については、以下のサイトへ遷移してみてください。 https://www.dapperlabs.com/ufc

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:UFC20200226SiberianArt)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米NY州が新型コロナウィルスの陰性とワクチン接種を証明するブロックチェーンアプリ試験運用実施

米ニューヨーク州が新型コロナウィルスの検査結果の陰性とワクチン接種を証明する、ブロックチェーンを活用した健康証明書アプリ「エクセルシオールパス(Excelsior Pass)」の試験運用を実施したことを3月2日発表した。 この「エクセルシオールパス」は2月27日にバークレイズセンターで行われたNBAのブルックリン・ネッツの試合の際にパイロット第一段階のテストに成功したとのこと。「エクセルシオールパス」の利用者は会場にてQRコードを提示しスキャンを行うことで自身の健康状態を提示できる。リリースによると3月2日にマディソン・スクエア・ガーデンで行われるNHLのニューヨーク・レンジャーズの試合にて2回目のテストが行われる予定とのことだ

ブレイブがテイルキャットを買収、独自検索エンジン「Brave Search」の開発を目指す

プライバシーに焦点を当てた次世代分散型ブラウザであるブレイブ(Brave)の開発を行うブレイブ・ソフトウェア(Brave Software)が、オープン検索エンジンであるテイルキャット(Tailcat)を買収し、独自の検索エンジンであるブレイブ・サーチ(Brave Search)の開発を進めていることを3月3日に発表した

リップル社が中銀デジタル通貨向け「CBDC Private Ledger」のパイロット版ローンチ

リップル(Ripple)社が中央銀行デジタル通貨(CBDC)向けの「CBDC Private Ledger」パイロット版を3月3日に発表した。 「CBDC Private Ledger」は各国中央銀行に対しデジタル通貨の発行と管理を用途に、オープンソースである「XRP Ledger」のプライベートバージョンとして公開がされた。

「PayPalがCurv買収か?バイナンスとマルチコインキャピタルなど」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説ラジオ

PayPalがデジタル資産カストディ「Curv」を約530億円で買収か、バイナンスらが暗号資産ファンドのマルチコイン・キャピタルのリミテッド・パートナーに、AWSが「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」の一般提供を開始、東京やロンドンなど、PayPal やコインベースら参加、米暗号資産の税務会計ソフトウェア企業TaxBitが約120億円の資金調達、カナダで2件目、Evolve FundsがイーサリアムETFの目論見書を規制当局へ提出、豊田通商がCordaを活用した船舶業界の受発注業務を一元管理するクラウドサービス「BunkerNote」を6月に提供開始へ、GMOの「GYEN」と「ZUSD」提供開始、米銀行法規制を遵守した日本円ステーブルコインの提供は世界初、チリーズが米国の市場拡大に向け5000万ドルを投資、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」が「マネーフォワード クラウド会計」と連携開始を発表