(情報追記)マーキュリーが暗号資産交換業登録完了、デジタルアセットマーケッツも同日に登録完了

マーキュリーが暗号資産交換業登録完了 デジタルアセットマーケッツも同日に登録完了

株式会社マーキュリーが、資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者(関東財務局長第00025号)としての登録を完了したことを2月17日発表した。

リリースによると、サービスの開始時期は近日中を予定しているとのこと。なお取り扱い暗号資産(仮想通貨)はBTC(ビットコイン)ETH(イーサリアム)XRP(リップル)BCH(ビットコインキャッシュ)LTC(ライトコイン)と発表されている。

マーキュリーの親会社である株式会社セレスではスマートフォン端末をメインデバイスとするインターネットメディアを企画・開発し運営することを主業としており、現金や電子マネー等に交換可能なポイントサービスを運営していることから、マーキュリーではセレスグループ全体で保有しているマーケティング力を活かしたプロモーション活動やブロックチェーン技術の連携をし、暗号資産販売所サービスの提供に向けた準備を進めているとのこと。

2021.2.17 18:55以下追記

またマーキュリーの発表と同日2月17日に、株式会社デジタルアセットマーケッツも暗号資産交換業者登録(関東財務局長 第00024号)の完了を発表した。

デジタルアセットマーケッツでは、サービスの提供開始時期やサービス内容の詳細については改めて案内をするとしている。

なお発表によると取り扱い暗号資産はBTC(ビットコイン)のみとなっている。

(images:iStocks/Nadiinko)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。