コインベースの推定評価額は8.2兆円(1株303ドル)

コインベースの推定評価額は8.2兆円(1株303ドル)

暗号資産(仮想通貨)取引所の米コインベース(Coinbase)が、セカンダリー市場での同社の非公開株の取引に基づくと、約8兆2,000万円(770億ドル)の評価を受けていることがコインデスクの報道で2月17日に明らかになった

セカンダリー市場であるナスダック・プライベートマーケットで1株32,046円(303ドル)で精算されているとのことだ。コインデスクによると1週目は1株200ドル、2週目は301ドル、3週目は303ドルで精算されたようだ。

また現在コインベース株は約2億5,400万株が発行済みで、株式公開した際に取引できるようになるようだ。

編集部のコメント

コインベースの1株あたりの株価が毎週高まっていることに注目です。

現在、コインベースの株を売却しているのは元従業員や出資していたベンチャーキャピタルらの可能性が高いです。そして購入しているのは、暗号資産業界外の機関投資家らの可能性が高いです。

個人的に、コインベースは上場時に10兆円の企業評価額を超えるように動いているのではないかと考えています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)
(images:iStocks/pgraphis)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。