バイナンスがポーランドで暗号資産ライセンス取得

Binanceがポーランドで登録完了

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ポーランドで暗号資産サービスプロバイダー(VASP:Virtual Asset Service Provider)として承認されたことを1月18日発表した。

バイナンスは、同社のポーランド法人「z o.o」を通じてVASPの認可を取得したことにより、同国において暗号資産の交換およびカストディサービスの提供が可能になったとのこと。

なおポーランドのバイナンスユーザーは、バイナンスのサービスを継続して利用する為に「z o.o」と新たな利用規約に署名する必要があるという。

またバイナンスはポーランドにおける規制に従うとともに、現地で人材獲得やイベント開催、教育イニシアチブなどプレゼンスを強化する計画を発表している。

なおバイナンスはヨーロッパにおいて現在、ポーランドの他にフランス・イタリア・スペイン・キプロス・リトアニア・スウェーデンでVASPの認可を取得している。

またヨーロッパ以外にも、バーレーンやUAE(アラブ首長国連邦)のアブダビ・ドバイ、カザフスタン共和国、ニュージーランドなどでVASPとして承認されている。

関連ニュース

バイナンスがスウェーデンで暗号資産ライセンス取得、欧州7例目

バイナンスにイーサステーキングの「Rocket Pool(RPL)」上場

バイナンスカストディ、取引所外決済ソリューション「Binance Mirror」正式ローンチ

バイナンス、BSC上のBUSDに担保不足の時期があったこと認める

破産したボイジャーデジタルのバイナンスUSへの資産売却案が初期承認、米国国家安全保障上の懸念残る

参考:Binance
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・daboost

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ