バイナンスがスウェーデンで暗号資産ライセンス取得、欧州7例目

Binanceがスウェーデンで登録完了

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、スウェーデンで暗号資産サービスプロバイダー(VASP:Virtual Asset Service Provider)として承認されたことを1月11日発表した。

バイナンスは、スウェーデン金融監督庁(FSA)からVASPの認可を取得したことにより、同国においてユーロでの暗号資産売買や取引、ステーキング、バイナンスビザカードなどのサービス提供が可能になったとのこと。

なおバイナンスはこれまでヨーロッパにおいて、フランス・イタリア・スペイン・キプロス・リトアニア・ポーランドでVASPの認可を取得している。今回スウェーデンでの取得によりヨーロッパで7か国目の認可取得となった。

またヨーロッパ以外にも、バーレーンやUAE(アラブ首長国連邦)のアブダビ・ドバイ、カザフスタン共和国、ニュージーランドでVASPとして承認されている。

関連ニュース

破産したボイジャーデジタルのバイナンスUSへの資産売却案が初期承認、米国国家安全保障上の懸念残る

米SEC、バイナンスUSによる約10億ドルでのVoyager Digtal買収へ異議

バイナンスがデジタル商工会議所に参加、暗号資産規制フレームワーク構築支援で

連邦破産法11条申請のボイジャーデジタル、バイナンスUSへ売却へ

バイナンスUSがP2P取引「Pay」提供開始、ユーザー同士が暗号資産の送受信無料に

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Abscent84・daboost

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論