バイナンスUSがP2P取引「Pay」提供開始、ユーザー同士が暗号資産の送受信無料に

バイナンスUSでP2P取引「Pay」提供開始

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の米国拠点バイナンスUS(Binance US)が、取引手数料ゼロで暗号資産を送受信できるP2P取引機能「Pay(ペイ)」の提供開始を12月13日に発表した。

「Pay」は全バイナンスUSユーザーを対象に無料で提供されるとのこと。またバイナンスUSでサポートされている約150の暗号資産を取引手数料ゼロ(ガス代無し)で即時決済できるという。

これにより「Pay」ユーザー同士で、暗号資産を無料で送受信できるようになるとのこと。

なお「Pay」で24時間あたりに受け取れる暗号資産は、最大100万ドルの制限があるとのことだ。

現在「Pay」は、バイナンスUSのモバイルアプリで利用可能となっており、今後Webバージョンにも導入予定とのこと。

バイナンスUSは今月8日、イーサリアム(ETH)を取引する際の取引手数料の撤廃を発表している。手数料が撤廃された取引ペアは、ETH/USD、ETH/USDT、ETH/USDC、ETH/BUSDとなっている。

なお今年6月には、ビットコイン(BTC)取引のうち、BTC/USD、BTC/USDT、BTC/USDC、BTC/BUSDの4つの取引ペアの取引手数料も撤廃している。

関連ニュース

バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ

バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に

バイナンスラボ、DeFi「Ambit Finance」に約6億円投資

バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場

バイナンス、日本から新規ユーザー登録停止に

参考:Binance US
デザイン:一本寿和
images:iStocks/The7Dew

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察