バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場

バイナンスがHOOK取引開始

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、暗号資産フックドプロトコル:Hooked Protocol(HOOK)の取引開始を12月1日発表した。

HOOKは、IEOプラットフォーム「バイナンスローンチパッド(Binance Launchpad)」によりトークンセールが行われた銘柄だ。

なおIEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)とは、トークンによる資金調達を暗号資産取引所が支援し、具体的には主体となって発行体のトークンを販売するモデルのことだ。

11月24日から12月1日までの期間にユーザーがプラットフォームへバイナンスコイン(BNB)を預け、その比率によってHOOKが参加者ユーザーへ割り当てられた。

なおHOOKは、他のトークンよりも高いボラティリティと高いリスクをもたらす可能性が高いトークンの取引を提供する「イノベーションゾーン」で取引開始されている。

また取引ペアについてはHOOK/BTC、HOOK/USDT、HOOK/BUSD、HOOK/BNBとなっている。

フックドプロトコルはweb3ゲーム化されたソーシャル学習プラットフォームだ。HOOKは同プラットフォームのガバナンストークンとなる。最初の試験製品であるQuiz-to-Earn(クイズで稼ぐ)アプリ「ワイルドキャッシュ(Wild Cash)」は月間アクティブ ユーザー数が200万人を超えているとのこと(現在はアンドロイド版のみ)。なおHOOKとは別にエコシステム内のユーティリティトークンとしてフックドゴールドトークン:Hooked Gold Token(HGT)も発行されている。

なお「ワイルドキャッシュ」はBNBチェーン上で稼働しており、HOOKとHGTは同チェーンのトークン規格BEP-20で発行されている。

関連ニュース

バイナンス、日本から新規ユーザー登録停止に

バイナンスが日本参入、国内取引所SEBC全株式取得、元クラーケンジャパン千野氏が代表取締役に

バイナンス、準備金を保有証明する「Proof of Reserves」リリース

【音声レポ】実践IEO・その準備から実施後まで(天羽健介 / 金光碧 / 倉林啓士郎 / 吉田世博 / 柚木庸輔)

参考:バイナンスバイナンス2
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/25話題】SBIが「ビットコイン現物ETF」取り扱い準備か、DEAと東京電力らがDePINの「ピクトレ」を東京で実証試験へなど(音声ニュース)

SBIがビットコイン現物ETF取り扱い準備か=報道、DEAと東京電力らがDePINコンテンツ「ピクトレ」、東京都の3区で実証試験へ、京東コインリンク科技、香港ドルにペッグのステーブルコイン発行予定と発表、フェラーリが暗号資産決済システムを欧州にも拡大、米国での導入に続き、NTTデジタルとマツモト、卒業アルバムにブロックチェーン活用へ、タイ、デジタル資産配布の登録受付を8月1日から開始。デジタルウォレット政策一環で、農産業のRWAマーケットプレイス「Agridex」、ソラナ上で初の農業取引を決済=報道