バイナンス、準備金を保有証明する「Proof of Reserves」リリース

バイナンスがProof of Reservesリリース

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、「プルーフオブリザーブス(Proof of Reserves:PoR)」のリリースを11月25日発表した。

このシステムは文字通り「準備金の証明」を行うことが目的で、バイナンスが全ユーザーからの預かり資産に対して1対1以上の準備金を保有していることの証明を行うためのものだという。

「PoR」のリリース段階では、ビットコイン(BTC)の保有証明から開始されている。今後はイーサリアム(ETH)やテザー(USDT)、USドルコイン(USDC)、バイナンスUSドル(BUSD)、バイナンスコイン(BNB)などの暗号資産やネットワークについてもサポート追加される予定とのことだ。

また今回の発表では、バイナンスが保有するビットコインの準備金状況も公開されている。11月22日23:59(UTC)時点において顧客の純残高が「575,742.4228BTC」であるのに対し、オンチェーンリザーブで「582,485.9302BTC」の資産が確保されており、ビットコインに対する資金の保有割合は101%であることが報告されている。

「PoR」の今後の計画としては、2週間以内にビットコイン以外の暗号資産を追加する他、同システムについて第3者機関から監査人を関与させるという。また「PoR」に「ZK-SNARK(ズィーケースナーク)」を実装するとのことで、これによりプライバシーと堅牢性を向上させて各ユーザーの総純残高(USD)がマイナスでないことを証明するとのことだ。なお「ZK-SNARK」とは、ゼロ知識証明の技術を用いたプライバシー保護技術である。

なお「プルーフオブリザーブス」のリリースには、大手暗号資産取引所FTXの経営破綻が背景にある。

バイナンスのCEOである「CZ」ことチャンポン・ジオ(Changpeng Zhao)氏は、FTX騒動の際に「全ての暗号資産取引所が準備金の証明を行う必要がある」と主張。同氏は「銀行が準備金を投融資に回し運営を行うが、暗号資産取引所はそれをすべきでない」と述べ、近くバイナンスが準備金を証明し、完全な透明性を示すことを明かしていた。

そしてその後にバイナンスが保有する資産の一部である、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、バイナンスUSドル(BUSD)、バイナンスコイン(BNB)、テザー(USDT)、USドルコイン(USDC)のウォレットアドレスおよび残高を公開していた。

関連ニュース

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定

バイナンス、FTX破産への意図的な加担を否定。英国議会に文書提出

バイナンスCZ、FTX破産の影響受けたプロジェクト支援の「事業再生基金」設立を表明

「暗号資産業界には明確な規制必要」、バイナンスCZが指摘

「手に負えない」バイナンスがFTX買収の方針を撤回

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ploystock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している