香港証券先物取引委員会、個人の暗号資産取引ルール提案へ

SFC、個人の暗号資産取引ルール提案へ

香港の証券先物取引委員会(SFC)が、個人投資家の取引を許可するトークン(暗号資産)のサブセット(限定規格)を提案する予定だと、SFCの最高責任者が1月11日に伝えた。

新しい暗号資産サービスプロバイダー(VSAP)制度において投資家保護が引き続き焦点となることから、個人取引に関する特定の予防策についても国民の意見を求めると、SFC最高責任者のジュリア・リョン(Julia Leung)氏は述べた。

リョン氏は香港のアジア金融フォーラムのパネルディスカッションで「暗号資産はこの1年で、ピークから低い(価格)水準になった。プラットフォームや一部のトークンが崩壊し、システムからバブルが消えたとき、投資家や売り手の意識が投資家保護に集中するのは良いことだ」と語った。

暗号資産のリテール取引(個人取引)を認める香港の動きは、暗号資産取引所FTXの破綻をはじめとする数ヶ月に及ぶこの分野の混乱の末にもたらされた。

ビットコインは、2021年11月に過去最高値を記録して以来、その価値の70%以上を失っている。

SFCは2024年半ばにVASPライセンスの申請受付を開始するとリャン氏は伝えた。暗号資産に関する香港の新たな枠組みでは、すべての暗号資産取引プラットフォームや取引所がライセンスに違反すると罰金や懲役刑が課されることになるため、申請する必要がある。

業界関係者は、リテール取引に関する協議が今年の第1四半期内に開始されるとの見通しを示している。またリャン氏は、投資ファンドや債券のトークン化もSFCの管轄になると伝えた。

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
(Reporting by Georgina Lee; Editing by Kim Coghill)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored