米web3メディアCoinDesk、事業売却を検討=CEO言及

CoinDeskが事業売却を検討

米web3メディアのコインデスク(CoinDesk)が、全事業または一部事業について売却を検討していることが分かった。同社CEOケビン・ワース(Kevin Worth)氏が1月18日に言及した。

なお同氏によると事業の売却検討にあたり、投資銀行ラザード(Lazard)を採用したとのことだ。

ワースCEOは「ラザードを雇った私の目標は、コインデスク事業に成長資金を呼び込むためのさまざまな選択肢を探ることであり、それには一部または全部の事業売却が含まれる可能性がある」とロイター通信に語った。

なお暗号資産(仮想通貨)業界では主要なトークン価格が2年ぶりに安値となっており、業界のトッププレイヤーが相次いで破産申請を行うなど、現在最悪の局面を迎えている。

このような展開となった業界の混乱は、昨年5月に起こったステーブルコインのテラユーエスディー:TerraUSD(UST)とテラ:Terra(LUNA:ルナ)の暴落から始まった。

昨年11月には大手暗号資産取引所FTXが破産申請をした他、米ナスダック上場の取引所コインベース(Coinbase Global)は昨年6月と11月に1,000人以上の雇用を削減し、今年に入り10日には、全従業員の2割に相当する約950人の人員削減を発表している。

米ニューヨークを拠点に2013年に設立されたコインデスクは、暗号資産に特化したベンチャーキャピタルのデジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group:DCG)が所有する企業。2016年に買収したとされている。コインデスクは元々、ビットコインを追跡するために設立されたが、その後に全ての暗号資産に関するニュースや指標価格(インデックス)を提供するようになった。

なおコインデスクと同じくDCG子会社のジェネシス・グローバル・キャピタル(Genesis Global Capital)が、早ければ週内にも破産申請を行う方向で準備を進めていると、関係筋の話としてブルームバーグが18日に報じている。

関連ニュース

米SECがGenesisとGeminiを告発、無登録証券販売者として

ジャスティンサン、DCGに10億ドル投じる意向あると発言

暗号資産メディア「The Block」CEO辞任、FTX元CEOサムのアラメダからの融資開示せず

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
Crypto news site CoinDesk hires banker to explore potential sale Reporting by Yuvraj Malik in Bengaluru; Editing by Subhranshu Sahu
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored