暗号資産レンディング「Genesis」、破産申請の準備か=報道

Genesisが破産申請の準備か

暗号資産(仮想通貨)レンディングを手掛けるジェネシス・グローバル・キャピタル(Genesis Global Capital)が、早ければ週内にも破産申請を行う方向で準備を進めている。ブルームバーグが1月18日、関係筋の話として報じた。

暗号資産交換業者FTXの経営破綻を受け、ジェネシスは昨年11月16日に投資家の暗号資産引き出しを停止した。

報道によると、ジェネシスと親会社のデジタル・カレンシー・グループ(Digital Currency Group:DCG)、そして債権者の3者間で複数の提案が交わされたが、今のところ合意に至っていないという。

ジェネシスは債権者に対して30億ドル以上の負債を抱えているという報道もされている。

なお、ジェネシスからのコメントは得られていない。

またジェネシスについては、暗号資産の貸出プログラムを通じて数十万人の投資家に証券を違法に販売したとして、米証券取引委員会(SEC)からジェミナイトラストカンパニー(Gemini Trust Company )と共に起訴されたことが1月10日に分かっている。

関連ニュース

米SECがGenesisとGeminiを告発、無登録証券販売者として

ジャスティンサン、DCGに10億ドル投じる意向あると発言

FTX、ハッキング被害の暗号資産は累計4.15億ドルと報告

マネックス松本大、FTX Japan買収に関心か=報道

FTX破産手続きで「FTXジャパン」含む4つの事業売却を承認、米破産裁判所

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
暗号資産企業ジェネシス、破産申請の準備=BBG
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない