FTX破産手続きで「FTXジャパン」含む4つの事業売却を承認、米破産裁判所

米破産裁判所がFTX破産手続きで4つの事業売却を承認

米デラウエア州の破産裁判所が、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTX傘下の4つの事業についての売却を1月13日承認した。

売却されるのは、先物・オプション取引の「LedgerX(レジャーエックス)」、株式取引プラットフォームの「Embed(エンベッド)」、「FTXジャパン」、「FTXヨーロッパ」の4つで、FTXの裁判所提出書類によると、これらの会社はFTXグループから比較的独立しており、それぞれが独自の顧客口座と個別の経営陣を有していると説明されていた。

また、この資産売却については以前より報じられており、1月8日にFTXが提出した売却に関する申し立て書類によれば事業体の競売について計117社が関心を示しており、LedgerXには約56社、Embedには約50社、FTX Europeには約40社、FTX Japanには約41社が関心を示していると報じられていた。

なお、裁判書類によると「FTXジャパンホールディングス」は「FTXジャパン」の持ち株会社で、「FTXジャパン」に加え「FTXシンガポール」を設立したと説明されている。

FTXは現在これら4つの事業に関して入札募集を開始している。なお「FTXジャパン」の売却については、「FTXトレーディングが保有するFTXジャパンホールディングスの持分を100%売却する」もしくは「FTXジャパンホールディングスの持分である『FTXジャパン』と『FTXシンガポール』を個別に100%売却する」可能性があると伝えている。

入札希望者は2023年1月18日〜2023年2月1日までの間で設定された各事業の入札締切日までに入札オファーを提出する必要があり、その後「Embedが2月21日、LedgerXが3月7日、FTX Japan及びFTX Europeが3月21日」にニューヨークの「サリヴァン・アンド・クロムウエル法律事務所(Sullivan & Cromwell LLP)」にて入札予定だ。

また、裁判資料には売却承認を検討するための公聴会日程として「Embedが2月27日、LedgerXが3月13日、FTX Japan及びFTX Europeが3月27日」と記載されているが、FTXは顧問と協議の上、 入札手続きに定められた期限の延長・入札単位の変更・オークションの延期・スケジュール組みなおしもしくは中止・事業の一部または全てのオークション取り下げ・売却に関する公聴会の延期を行う権利があると記載されている。

FTXは1月11日に破産裁判所で行われた審理にて、50億ドル(約6,587億円)超の現金や流動的な暗号資産(仮想通貨)、証券を回収したことを弁護士を通じて明らかにしていた。

関連ニュース

FTX Japanへの業務停止命令が継続、関東財務局が再び行政処分

経営破綻のFTX、50億ドル超の現金や証券を回収=弁護士

FTX前CEOサムが無罪主張、米連邦地裁の罪状認否で

米司法省、FTX関連ロビンフッド株差し押さえか=報道

FTX元CEOサムと幹部らが秘密裏に数十億ドル融資を受けていた、アラメダ元CEO供述

デザイン:一本寿和
images:iStocks/PhonlamaiPhoto
参考:クロール

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も