マネックス松本大、FTX Japan買収に関心か=報道

松本大氏がFTX Japan買収に関心か

マネックスグループの代表執行役社長CEOである松本大氏が「FTX Japan」の買収について関心を示していると、1月16日ブルームバーグが報じた。

松本氏は「一般論として興味がある」と「FTX Japan」の買収について説明したという。ただし入札についてはコメントを控えたとのことだ。

FTX Japanは、昨年11月に経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTX傘下の企業。1月13日には米デラウエア州の破産裁判所が、FTX傘下の「LedgerX(レジャーエックス)」、「Embed(エンベッド)」、「FTX Japan(FTXジャパン)」、「FTX Europe(FTXヨーロッパ)」の4つの事業についての売却を承認している。

なお1月8日にFTXが提出した「売却に関する申し立て書類」によると、事業体の競売について計117社が関心を示しており、そのうち41社が「FTX Japan」に関心を示し、うち25社は機密保持契約を締結したという。

これら4つの事業の入札希望者は2023年1月18日〜2023年2月1日までの間で設定された各事業の入札締切日までに入札オファーを提出する必要がある。

マネックスグループは2018年、国内暗号資産交換業者コインチェック(Coincheck)を買収し、完全子会社化している。マネックスグループが昨年10月に公開した「2023年3月期 第2四半期 決算説明会」の資料によると、現在コインチェックは米ナスダック(NASDAQ)への上場へ向け手続きを進行していることが報告されている。

なお松本氏は今回のブルームバーグの取材にて、「日本国内で暗号資産交換業者が乱立するよりも寡占した方がいい」と語ったとのことだ。

関連ニュース

コインチェック「ナスダック上場に向けた手続き進行中」と報告、SPAC契約期限は来年7月

FTX破産手続きで「FTXジャパン」含む4つの事業売却を承認、米破産裁判所

経営破綻のFTX、50億ドル超の現金や証券を回収=弁護士

米議会で暗号資産規制強化の機運高まる、FTX創業者起訴で

FTX Japanへの業務停止命令が継続、関東財務局が再び行政処分

参考:ブルームバーグ
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した