コインチェック「ナスダック上場に向けた手続き進行中」と報告、SPAC契約期限は来年7月

コインチェック「ナスダック上場に向けた手続き進行中」

年内を目途に予定されていたコインチェック(Coincheck)の米ナスダック(NASDAQ)への上場が、現在も手続き進行中であることが明かされた。コインチェック親会社のマネックスグループが10月28日に開催した「2023年3月期 第2四半期 決算説明会」の資料にて報告されている。

マネックスグループは今年3月、コインチェックの持株会社としてオランダに新設するコインチェックグループ(CCG)が、ナスダック上場の特別買収目的会社(SPAC)のサンダーブリッジキャピタルパートナーズ4(Thunder Bridge Capital Partners IV:THCP)と合併し、米ナスダック市場への上場を目指すことを発表していた。

その発表時には、2022年内を目途にCCGがティッカーシンボル「CNCK」としてナスダックへ上場予定であると報告されていた。

「2023年3月期 第2四半期 決算説明会資料」では、現在もCCGが「上場に向けた手続きを推進中」と記されており、その目的を「THCPとの協働により、グローバルな投資家へのエクスポージャーを獲得し、米国の資本市場にアクセスし、成長戦略を実現する為にグローバルな人材を採用することで暗号資産事業の拡大を目指す」としている。

なお今回の報告によると、CCGとTHCPで締結した上場に関する契約書の期限が2023年7月2日(米国東部標準時間)まで有効であることが明かされている。

ちなみに上場取引が終了した場合、CCGはマネックスグループの連結子会社となり、コインチェックはCCGの100%子会社になる予定とのことだ。

関連ニュース

【取材】コインチェックが米ナスダックへ上場方針発表、SPACで2022年内に

コインチェックが板取引にリスク(LSK)とオーエムジー(OMG)追加へ、取り扱いは6銘柄に

IEO、そしてコインチェックの取引所トークン発行の可能性は?(コインチェック執行役員 天羽健介)

国内初、コインチェックで「The Sandbox」のSAND上場へ

米暗号資産ATMビットコインデポ、ナスダックにSPAC上場へ

参考:マネックスグループ
デザイン:一本寿和

images:iStocks/lucky-photographer

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ