バイナンス、ツイッターのブロックチェーン活用支援するチーム組成

バイナンス、ツイッターのブロックチェーン活用支援するチーム組成

イーロン・マスクのツイッター社買収に際して、5億ドル(約739億円)を出資した世界最大の暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、ブロックチェーンと暗号資産がツイッターにどのように役立つかを研究するチームを作っているようだ。バイナンスの広報担当者が10月28日に明らかにした。

マスク氏の440億ドル(約6.5兆円)の取引に資金を提供する投資家の1社として、バイナンスはツイッターの運営に貢献できるような計画や戦略をブレインストーミングしていくという。

新しく結成されたバイナンスのチームは、ボットアカウントの急増などツイッターの問題に対処するためのオンチェーンソリューションを構築する方法を模索する予定だ。

マスク氏のツイッター買収劇は、数ヶ月にわたる法廷内外での紆余曲折を経て、10月27日に取引が正式に終了。そしてマスク氏はソーシャルメディアプラットフォームの最高責任者を直ちに解雇した。

ツイッターは、ビットコインを推進してきた共同創業者兼前CEOのジャック・ドーシー(Jack Dorsey)氏のもと、ブロックチェーン技術を取り入れる方法を模索し始めていた。

2021年11月ツイッターは社内に暗号資産チームを立ち上げ、こうした技術に関わる機能を構築している。そしてツイッターの有料会員がプロフィールにNFTを使用できる機能を導入した。

またツイッターとの訴訟の一環として公開された部下とのテキストメッセージの中で、マスク氏はツイッターをブロックチェーン上に置く可能性について議論したが、後にそのような動きは上手くいかないと判断したようだ。

現在、非上場化したツイッターでは、マスク氏が取締役会と意思決定を完全にコントロールしているため、バイナンスのような共同投資家が少数株主としてツイッターの将来にどれだけ積極的に関与できるかは不明だ。

ツイッターの共同投資家は、セコイアキャピタル(Sequoia Capital)、フィデリティマネジメント(Fidelity Management)、アンドリーセンホロウィッツ(Andreessen Horowitz)、ブルークフィールド(Brookfield)といったファンドだ。

ちなみにバイナンスのCEOであるチャンポン・ジャオ(Changpeng Zhao:CZ)氏は、ツイッターで700万人以上のフォロワーを持つアクティブなユーザーの1人だ。

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
(Reporting by Krystal Hu in New York, additional reporting by Sheila Dang in Dallas)
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【12/6話題】OasysがネクソンやMZ Web3ファンドらから資金調達、Nexoが米国市場撤退へなど(音声ニュース)

ゲーム特化ブロックチェーンOasys、Galaxy Interactive、ネクソン、前澤友作のMZ Web3ファンドらから調達、Thirdverse、中国OKX Venturesと資本業務提携、暗号資産レンディングNexo、規制当局との対話行き詰まり、米国撤退へ、USDCのサークル、SPAC上場計画解消へ、LINEのプロフィールアイコンがNFT対応、正式版が提供開始、コカコーラがFIFAワールドカップ記念NFTを発表、Crypto.com、GMUNKらと、ビットフライヤーにジパングコイン(ZPG)上場へ、米コインベース、「Aavegotchi(GHST)」と「Litentry(LIT)」上場へ、スウェットコイン、SWEAT稼げるNFTゲーム「Sweat Hero」β版ローンチへ、ドラッグ&ドロップでNFT作成可能に、Operaクリプトブラウザが「Alteon LaunchPad」実装へ、バイナンスラボ、DeFi「Ambit Finance」に約6億円投資、クリプタクトのpafin、ウクライナMobilunityと協業で開発コスト7割削減へ、露最大の商業銀行スベルバンクがメタマスク対応へ、独自プラットフォームで

Sponsored