米暗号資産ATMビットコインデポ、ナスダックにSPAC上場へ

ビットコインデポがナスダックにSPAC上場へ

米国拠点で暗号資産(仮想通貨)ATMを展開するビットコイン・デポ(Bitcoin Depot)が、特別買収目的会社(SPAC)との事業統合でナスダック(Nasdaq)へ上場することを8月25日発表した。

ビットコイン・デポはブランクチェックカンパニーであるGSR II Meteora(GSRM)と合併して上場会社になる最終合意を行ったとのこと。なお合併企業はBitcoin Depot Inc.となり、ティッカーシンボルはGSRMからBTMへ変更され、ナスダックで株式が取引されることになる。企業合併は2023年の第1四半期までに完了する予定だという。

なお発表によると合併後のBitcoin Depot Inc.の推定株式価値は8億8,500万ドル(約1,212億円)になることが見込まれているとのことだ。

ビットコイン・デポは7,000台以上の暗号資産ATMを北米中心に展開している企業だ。設置しているATMは米国47州とカナダ9州をカバーしているという。暗号資産ATM企業としては最大数を保有しており、ビットコイン・デポに続きコインセンター(Coin Center)が5,284台、コインフリップ(Coinflip)が4,069台保有している。

SPACとは

SPAC(特別買収目的会社)とは有望な未公開企業を探して買収することだけを投資家に約束し、資金調達をする企業形態である。IPOの際にどの会社を買収するか不明のため、「ブランク・チェック・カンパニー(白紙委任の会社)」とも呼ばれている。

なお国内企業として、暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するコインチェック(Coincheck)が2022年内に米ナスダックへSPAC上場する方針を3月に発表している。具体的には、コインチェックの持株会社となる予定のCoincheck Group B.V.(CCG)と、ナスダックに上場している特別買収目的会社(SPAC)であるThunder Bridge Capital Partners IV, Inc.(THCP)等との間で事業統合契約(Business Combination Agreement)を締結し、CCGがナスダック上場を目指すと発表されている。

関連ニュース

eToro、SPACでのナスダック上場を取り下げ

米マイニング企業PrimeBlock、ナスダックにSPAC上場へ

【取材】コインチェックが米ナスダックへ上場方針発表、SPACで2022年内に

ブロックワン子会社ブリッシュ、年内にSPAC上場へ

英金融規制当局、暗号資産ATM提供事業者へ警告

参考:ビットコイン・デポ
images:iStocks/TennesseePhotographer

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/1話題】KyberSwapのハッカーが完全支配を要求、マイクロストラテジーが880億円相当のBTC購入など

KyberSwap事件のハッカー、報奨金の取引条件として同社完全支配を要求、米マイクロストラテジー、880億円相当のビットコイン追加購入。合計保有数174,530BTCに、グレイスケール、現物BTC投資信託「GBTC」の運用効率化で契約更新、積水化学、蘭ブロックチェーントレーサビリティ「サーキュライズ」と業務提携、ワームホールが約331億円の資金調達、Wormhole Labs設立も、デジタル資産投資プラットフォームのFasset、ドバイでVASPライセンス取得、アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに、IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も、バイナンス、BUSDのサポートを12月に終了へ

Sponsored

IoT向けDLTプラットフォーム「IOTA」がアブダビに財団設立、約148億円の資金提供も

IoT向け分散型台帳(DLT)プラットフォーム「アイオータ(IOTA)」が、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビに「アイオータ・エコシステムDLT財団」を設立したことを11月29日発表した。なお同財団はアブダビ・グローバル市場(ADGM)に登録された初の初のDLT(分散型台帳)に関する財団とのこと

アニモカブランズが「オープンネットワーク」エコシステムに出資、TON最大のバリデータに

アニモカブランズ(Animoca Brands)が、メッセージングアプリ「テレグラム(Telegram)」開発の分散型プラットフォーム「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」の最大のバリデータとなり、TONエコシステムのミニアプリ「トンプレイ(TON Play)」へ出資したことを11月28日発表した