スイスSDX、機関投資家向けにイーサ(ETH)ステーキング提供開始

SDXが機関投資家向けにイーサリアム(ETH)ステーキングサービス提供開始

スイスのSDX Web3サービス(SDX Web3 Services)が、機関投資家を対象としたノンカストディアル型のイーサリアム(ETH)ステーキングサービスの提供開始を8月25日発表した。ノンカストディアルとはユーザー自身が秘密鍵の管理をおこなう形式のこと。

このサービスはSDXのソリューションにより、機関投資家がフルマネージドAPIベースのインフラストラクチャを介し、イーサリアムのバリデータ(ネットワーク検証者)を安全に管理し、利益が得られるとのことだ。

SDX Web3サービスの責任者であるステファン・クンツ(Stephan Kunz)氏は「当社のステーキングサービスに対する強い需要は、当社のWeb3サービスのような安全で信頼できるサービスに対する機関投資家市場の準備と必要性を示しています。近い将来、さらなるクライアントを発表できることを楽しみにしています」と述べている。

SDX Web3サービスは、顧客のWeb3分野の投資活動をサポートすることを目的として設立された、スイスのデジタル資産取引サービスを提供するシックス・デジタル・エクスチェンジ(SDX:SIX Digital Exchange)のWeb3部門だ。スイス証券取引所(SIX)の傘下であることの強みを活かし、高いコンプライアンス基準やセキュリティ基準を満たしたカストディソリューションの提供を目指している。

関連ニュース

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

国内初、オーケーコインジャパンがトロン(TRX)ステーキングサービス提供へ

米コインベース、機関投資家向けにイーサ(ETH)ステーキング提供

ビットポイントジャパン、「カルダノ(ADA)」ステーキングサービス開始へ

イーサリアムのリキッドステーキング提供「Lido」、L2対応へ

参考:SDX
images:iStocks/thamerpic

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

Sponsored