eToro、SPACでのナスダック上場を取り下げ

イートロがSPAC上場を取り下げ

投資プラットフォームのイートロ(eToro)が、SPAC(特別買収目的会社)との合併による米ナスダックへの上場計画を取りやめたことが分かった。

イートロは7月5日、米SPACのフィンテック・アクイジション・コープV(FinTech Acquisition Corp. V)との合併契約終了に合意したことを発表した。

イートロとフィンテックVは昨年3月、企業結合契約を締結しナスダックへ上場する予定だった。しかし取引完了の期日だった今年6月30日までに取引が間に合わず、合併計画の取り下げに両社は合意したとのことだ。なお合併後のイートロの時価総額は約104億ドル(約1.1兆円)になると見込まれていた。

両社は「期日までの取引完了に関して最善の努力をしたが、合併契約の修正を延長された期間内に、会社の登録届出書に関連する特定の条件を満たすことができなかった」と合併契約終了について説明している。

フィンテックV会長ベッツィ・コーエン(Betsy Cohen)氏は、「イートロが、世界有数のソーシャル投資プラットフォームであり続け、その成長実績と強い勢いは実証済みとし、両社のコントロール外の状況により取引が不可能になった」とコメントしている。

イートロは2007年設立のソーシャルトレーディングプラットフォーム企業だ。他の投資家の投資戦略をそのまま再現するコピートレーディング機能などを特徴としており、現在登録ユーザー数は2,700万人を超えているという。なおイートロは現在日本でサービスの提供をしていない。

関連ニュース

eToroがSPACとの合併を通じてナスダックに上場へ

eToro、DeFi特化の金融商品「DeFi CopyPortfolio」提供へ

英イートロ(eToro)が今週末の暗号資産(仮想通貨)の買い注文を制限する可能性を顧客へ通知

米マイニング企業PrimeBlock、ナスダックにSPAC上場へ

ブロックワン子会社ブリッシュ、年内にSPAC上場へ

参考:イートロ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/lucky-photographer

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/23話題】上場企業メタプラネットが10億円でビットコイン購入、日銀がCBDCパイロット実験の進捗報告など

東証スタンダード上場のメタプラネット、10億円相当のビットコイン購入を報告、日銀、「中銀デジタル通貨パイロット実験」の進捗状況を報告、Magic Eden、ビットコイン(BTC)のトークン規格「Runes」をサポート開始、コインベースにweb3ゲームの「Karrat(KARRAT)」上場へ、暗号資産決済「スラッシュ」の独自トークン「SVL」、海外取引所Bybitに上場へ、セロ(CELO)、イーサリアムL2移行に「OPスタック」選択、「Runes」ローンチでビットコインの手数料収入が急騰、過去最高クラスへ、タイSEC、無認可の暗号資産取引所へのアクセスブロックを計画、不正行為防止へ、シバイヌ(SHIB)、未公開トークン「TREAT」販売で約19億円を調達