DMMがweb3新会社設立へ、独自トークン経済圏の構築目指す

DMMがweb3新会社設立へ

DMM.comが、web3事業への参入を7月6日発表した。グループ内にweb3事業を推進する新会社を8月頃設立するとのことだ。

DMMはweb3事業において、「独自トークンを軸としたトークン経済圏の構築」を目指すと発表している。

また独自トークンによる経済圏にて、「GamiFiとGamiFiプラットフォームの開発/運営」、「各種NFTおよびX2Eプロジェクト」、「Web3の起業家/コミュニティ/クリエイターとの共創プロジェクト」を展開する予定だという。第1弾としてGamiFiの開発に着手し、2023年春頃のリリースを目指すと発表している。

また50以上の事業と3,000万人超の会員を抱えるDMMグループのアセットを活用したプロジェクトについても、検討がされているとのことだ。

これらプロジェクトの詳細については、プレリリース、ホワイトペーパーの開示などを通じて順次公開予定とのことだ。

なおDMMグループには暗号資産(仮想通貨)取引所であるDMM Bitcoinがあり、現在現物取引では全12銘柄の暗号資産を取り扱っており、レバレッジ取引においては19銘柄を取り扱っている。またオーバースとと共に「Nippon Idle Token(NIDT)」のIEO(イニシャルエクスチェンジオファリング)及び暗号資産交換所における取引開始も目指している。

関連ニュース

【取材】DMM Bitcoin、金連動のジパングコイン(ZPG)取扱開始へ

コインブックとDMM BitcoinでIEOへ、「Nippon Idle Token(NIDT)」上場に向け基本合意書が締結

サイバーエージェントがメタバース関連新会社を設立、NFTや暗号資産活用

LINE、米韓に新会社「LINE NEXT」設立。NFT事業のグローバル展開に向けて

三井トラストがデジタル戦略の新会社設立、デジタル証券などの新規事業創出へ

参考:DMM
デザイン:一本寿和
images:iStocks/TkKurikawa

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored