【取材】DMM Bitcoin、金連動のジパングコイン(ZPG)取扱開始へ

DMM Bitcoinが金連動のZPG取扱開始へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所のDMM Bitcoinが、暗号資産ジパングコイン(ZPG)の取り扱いを近日中に開始することを7月4日に発表した。

ジパングコイン(ZPG)は三井物産の子会社である三井物産デジタルコモディティーズが発行する暗号資産であり、金(ゴールド)価格におおむね連動することを目指し運用されている。これまではコモディティトークンの暗号資産販売所デジタルアセットマーケッツが、ジパングコインを取り扱っていた。ビットコインやイーサなど主要な暗号資産を取り扱う取引所への上場は、DMM Bitcoinが初のケースとなる見込みだ。

なおDMM Bitcoinは現物取引では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、モナコイン(MONA)、エンジンコイン(ENJ)、トロン(TRX)の12銘柄を取り扱っている。

またレバレッジ取引では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、ネム(XEM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、クアンタム(QTUM)、オーエムジー(OMG)、モナコイン(MONA)、テゾス(XTZ)、エンジンコイン(ENJ)、シンボル(XYM)、トロン(TRX)、カルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)、アイオーエスティー(IOST)の19銘柄が取り扱われている。

ジパングコイン取扱における取引方法などについては、現時点では公表されていない。なおジパングコインの発行システムにおける基盤ブロックチェーンには、bitFlyer Blockchain が開発したエンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi」が採用されている。

三井物産デジタルコモディティーズのジパングコイン担当者へ取材

あたらしい経済編集部は三井物産デジタルコモディティーズの辰巳喜宣氏へ取材を行なった。

−−DMM Bitcoinで取り扱われる意義について、どのようにお考えでしょうか?

当社では取扱交換所を増やすことを最優先課題としており、新たにDMM Bitcoinへ上場することで、より多くの投資家の皆様に選択肢として提供できることを嬉しく思います。

−−2022年後半のジパングコインの展望について、教えていただけますでしょうか?

引き続き取扱交換所を増やすと共に、投資家の皆様の希望する機能・役割を追求します。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored