【取材】DMM Bitcoin、金連動のジパングコイン(ZPG)取扱開始へ

DMM Bitcoinが金連動のZPG取扱開始へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所のDMM Bitcoinが、暗号資産ジパングコイン(ZPG)の取り扱いを近日中に開始することを7月4日に発表した。

ジパングコイン(ZPG)は三井物産の子会社である三井物産デジタルコモディティーズが発行する暗号資産であり、金(ゴールド)価格におおむね連動することを目指し運用されている。これまではコモディティトークンの暗号資産販売所デジタルアセットマーケッツが、ジパングコインを取り扱っていた。ビットコインやイーサなど主要な暗号資産を取り扱う取引所への上場は、DMM Bitcoinが初のケースとなる見込みだ。

なおDMM Bitcoinは現物取引では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、オーエムジー(OMG)、モナコイン(MONA)、エンジンコイン(ENJ)、トロン(TRX)の12銘柄を取り扱っている。

またレバレッジ取引では、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ステラルーメン(XLM)、イーサリアムクラシック(ETC)、ネム(XEM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、クアンタム(QTUM)、オーエムジー(OMG)、モナコイン(MONA)、テゾス(XTZ)、エンジンコイン(ENJ)、シンボル(XYM)、トロン(TRX)、カルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)、アイオーエスティー(IOST)の19銘柄が取り扱われている。

ジパングコイン取扱における取引方法などについては、現時点では公表されていない。なおジパングコインの発行システムにおける基盤ブロックチェーンには、bitFlyer Blockchain が開発したエンタープライズ向けブロックチェーン「miyabi」が採用されている。

三井物産デジタルコモディティーズのジパングコイン担当者へ取材

あたらしい経済編集部は三井物産デジタルコモディティーズの辰巳喜宣氏へ取材を行なった。

−−DMM Bitcoinで取り扱われる意義について、どのようにお考えでしょうか?

当社では取扱交換所を増やすことを最優先課題としており、新たにDMM Bitcoinへ上場することで、より多くの投資家の皆様に選択肢として提供できることを嬉しく思います。

−−2022年後半のジパングコインの展望について、教えていただけますでしょうか?

引き続き取扱交換所を増やすと共に、投資家の皆様の希望する機能・役割を追求します。

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/28話題】LINE NFTがNFT無料配布機能、STEPNで「GMT」獲得可能になど(音声ニュース)

LINE NFT、「NFT無料配布機能」提供へ、LINEの暗号資産「リンク(LN)」、Gate. ioに上場へ、STEPNで「GMT」獲得可能に、レべル30で本日中に開始、アスター(ASTR)とGincoが提携、企業向けカストディソリューション提供で、米ロビンフッドがノンカストディアルweb3ウォレット「Robinhood Wallet」β版公開、ポリゴン(MATIC)対応で、クリスティーズ、オンチェーンオークションの「Christie's 3. 0」提供開始、OpenSea、イーサリアムL2「Optimism」基盤のNFTサポート開始、マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供、ホットリンクとモバファクが業務提携、NFT事業拡大に向け、岐阜県恵那市がBC活用「脱炭素・経済循環システム」実証事業、日本ガイシ・リコー・IHIらと、【取材】traveryとDMM、国内web3エンジニア増加目指し「Tokyo web3 Hackathon」を開催へ、デジタルガレージが「THE NEW CONTEXT CONFERENCE TOKYO 2022 Fall」開催、ローレンス・レッシグら登壇

Sponsored

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。