eToro、DeFi特化の金融商品「DeFi CopyPortfolio」提供へ

eToro、「DeFi CopyPortfolio」提供へ

投資プラットフォームであるイートロ(eToro)が、DeFi(分散型金融)に特化した金融商品(ポートフォリオ)「DeFi CopyPortfolio」の提供を開始することを9月23日に発表した。

イートロは2007年に設立された、ソーシャルトレーディングプラットフォームを提供する企業だ。他の投資家の投資戦略をそのまま再現するコピートレーディング機能などを特徴としており、現在登録ユーザー数は2,300万人を超えているとのこと。

今回発表された「DeFi CopyPortfolio」は、投資家にDeFiエコシステムの主要プロジェクトへの長期的なエクスポージャーを提供することを目的としており、トークンの構成はEther(ETH)、Uniswap(UNI)、Chainlink(LINK)、Aave(AAVE)、Compound(COMP)、Yearn.finance(YFI)、Decentraland(MANA)、Polygon(MATIC)、 Algorand(ALGO)、Basic Attention Token(BAT)、Maker(MKR)となっている。

イートロのポートフォリオ投資責任者であるダニ・ブリンカー氏は次のようにコメントしている。

「DeFiでは、ここ数カ月で何千もの新しい暗号資産が登場しており、金融業界で最も話題になっている革新的な技術の一つです。

しかし、すべての資産のホワイトペーパーを調査する時間がない人にとっては、市場は地雷原のように見えるかもしれません。DeFiポートフォリオでは、暗号資産をパッケージ化することで、お客様が様々な暗号資産に対するエクスポージャーを得て、リスクを分散できるようにしています」

このポートフォリオへの最小投資額は1,000ドルからとなっており、投資家はポートフォリオのパフォーマンスを追跡するためのツールやチャートにアクセスできるとのことだ。

なおイートロは現在日本でサービスの提供をしていない。

参考:eToro
images:iStocks/champc・artsstock
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【11/26の話題】メタバースのZEPETOがLINEブロックチェーン活用、クリスティーズとOpenSeaが共同でNFTオークションなど(音声ニュース)

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ、クリスティーズとOpenSea、共同でNFTオークション実施へ、バイナンス、NFTゲームプラットフォームの「VulcanForged PYR(PYR)」を上場へ、ビットバンク、チェーンリンク(LINK)上場へ、日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応、アニモカブランズ、ゲーマーにウォレット提供の合弁会社設立へ。暗号資産カストディ企業Hex Trustと

メタバース「ZEPETO」、LINEブロックチェーン活用し「NFT Studio」でNFT販売へ

LINEの暗号資産・ブロックチェーン関連事業を展開するLVCが、メタバースプラットフォーム「ゼペット(ZEPETO)」から販売されるNFTの基盤技術に「LINE Blockchain」が採用されたことを11月26日に発表した。なおCryptoGames(クリプトゲームス)運営の「NFT Studio」がこのNFTの販売プラットフォームとなる。

【11/25の話題】米Arcaが約35億円規模NFTファンド、米コインベースのBRD買収など(音声ニュース)

米Arca、約35億円規模NFT特化ファンド立ち上げ、米コインベース、暗号資産ウォレット提供「BRD」を買収へ、Foldと「ポケモンGO」のNianticが提携、AR世界でビットコインが獲得できる「Fold AR」発表、円建て民間デジタル通貨「DCJPY」、22年実用化目指し実証実験へ、GMOコイン、モナコイン(MONA)上場へ、仏サッカー「ASモナコ」、チリーズ「Socios. com」でファントークン発行へ、地域プロ野球リーグ「九州アジアプロ野球機構」、FiNANCiEでトークン発行