ブロックワン子会社ブリッシュ、年内にSPAC上場へ

ブロックワン子会社ブリッシュ、年内にSPAC上場へ

デジタル資産フィンテック企業であるブリッシュ(Bullish)が特別目的買収会社(SPAC)を利用してニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場する意向を7月9日発表した。

ブリッシュは今年5月に暗号資産(仮想通貨)イオス(EOS)のオープンソースネットワークを開発するブロック・ワン(Block.One)が設立した子会社だ。ブリッシュはDeFi(分散型金融)アーキテクチャとCeFi(中央集権型金融)取引所のアーキテクチャーを組み合わせた、新たな形の暗号資産取引所を運営する予定となっており、ピーター・ティール(Peter Thiel)のThiel CapitalおよびFounders Fundやギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)、日本の野村ホールディングスなどから約1兆円を調達している。

発表によるとブリッシュはSPACであるファーピーク・アクイジション(Far Peak Acquisition Corporation)との合併を通じて、2021年末までに上場を完了する予定であるとのことだ。すでに両社の取締役会では全会一致で承認されている。今後は株主や規制当局の承認への手続きに入るという。なお上場後の企業価値はおよそ90億ドル(約9,900億円)となる見通しとのことだ。

また上場後はファーピークのCEO兼会長であるトーマス・W・ファーリー(Thomas W. Farley)氏がブリッシュのCEOとなり、ブロック・ワンのCEOであるブレンダン・ブルメル(Brendan Blumer)氏がブリッシュの会長に就任することも予定されている。なおファーリー氏は以前にNYSEの社長を務めていたとのことだ。

関連ニュース

EOS高騰、ブロックワンが新取引所設立とピータ・ティールや野村から約1兆円の資金調達発表 

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kazuma-seki

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した