ブロックワン子会社ブリッシュ、年内にSPAC上場へ

ブロックワン子会社ブリッシュ、年内にSPAC上場へ

デジタル資産フィンテック企業であるブリッシュ(Bullish)が特別目的買収会社(SPAC)を利用してニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場する意向を7月9日発表した。

ブリッシュは今年5月に暗号資産(仮想通貨)イオス(EOS)のオープンソースネットワークを開発するブロック・ワン(Block.One)が設立した子会社だ。ブリッシュはDeFi(分散型金融)アーキテクチャとCeFi(中央集権型金融)取引所のアーキテクチャーを組み合わせた、新たな形の暗号資産取引所を運営する予定となっており、ピーター・ティール(Peter Thiel)のThiel CapitalおよびFounders Fundやギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)、日本の野村ホールディングスなどから約1兆円を調達している。

発表によるとブリッシュはSPACであるファーピーク・アクイジション(Far Peak Acquisition Corporation)との合併を通じて、2021年末までに上場を完了する予定であるとのことだ。すでに両社の取締役会では全会一致で承認されている。今後は株主や規制当局の承認への手続きに入るという。なお上場後の企業価値はおよそ90億ドル(約9,900億円)となる見通しとのことだ。

また上場後はファーピークのCEO兼会長であるトーマス・W・ファーリー(Thomas W. Farley)氏がブリッシュのCEOとなり、ブロック・ワンのCEOであるブレンダン・ブルメル(Brendan Blumer)氏がブリッシュの会長に就任することも予定されている。なおファーリー氏は以前にNYSEの社長を務めていたとのことだ。

関連ニュース

EOS高騰、ブロックワンが新取引所設立とピータ・ティールや野村から約1兆円の資金調達発表 

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/kazuma-seki

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。