EOS高騰、ブロックワンが新取引所設立とピータ・ティールや野村から約1兆円の資金調達発表

ブロックワンが新取引所設立とピータ・ティールや野村から約1兆円の資金調達発表

暗号資産EOSのオープンソースネットワークを開発するブロック・ワン(Block.One)が子会社ブリッシュ・グローバル(Bullish Global)の設立を発表した。さらにブリッシュ・グローバルは約1兆円(100億ドル)の資金調達を行ったことも発表した。

ブリッシュ・グローバルはDeFi(分散型金融)アーキテクチャとCeFi(中央集権型金融)取引所のアーキテクチャーを組み合わせた、新たな形の暗号資産取引所を運営する予定となっている。調達した約1兆円は、Block.oneによる1億米ドル、16万4,000BTC、2,000万EOSとその他投資家による約330億円(3億ドル)の合計となる。

この投資ラウンドに参加したのは、ピーター・ティール(Peter Thiel)のThiel CapitalおよびFounders Fund、アラン・ハワード(Alan Howard)、ルイス・ベーコン(Louis Bacon)、リチャード・リー(Richard Li)、クリスチャン・アンガマイヤー(Christian Angermayer)、ギャラクシーデジタル(Galaxy Digital)、日本の野村ホールディングスなどだ。

さらにピーター・ティール、アラン・ハワード、リチャード・リー、クリスチャン・アンガマイヤーが、ブリッシュ・グローバルのシニアアドバイザーを務める予定だ。

ブロック・ワンのCEOであるブレンダン・ブルマー(Brendan Blumer)氏は「ブリッシュ・グローバルは、ブロックチェーン技術と新しい市場アーキテクチャを活用して、高性能な取引環境に革命を起こします。高価なサードパーティの機能を透過的に自動化し、利回りを生み出すポートフォリオ管理ツールに変えることで、機関投資家や個人に最新の暗号資産投資戦略へのより良い安全なアクセスを提供します」とコメントしている。

ピーターティール氏は「ブリッシュ・グローバルのバランスシートは強固であり、その垂直統合は暗号通貨の空間に安定性と流動性を提供しています。私は、ブリッシュ・グローバルが長くて実りある旅を始めるにあたり、投資家およびアドバイザーとして参加できることを嬉しく思います」とコメントしている。

EOSが高騰

今回の発表を受け、暗号資産EOSの価格が高騰している。前日9ドル台を推移していた価格が、2018年以来となる一時15ドル付近まで上昇し、現在(5月12日14時30分)も13ドル台の価格を推移している。

関連動画

このニュースを動画でも紹介しています、こちらも合わせチェックください。

参考:block one

(images:iStocks/pgraphis・gorodenkoff)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した