コインチェックが板取引にリスク(LSK)とオーエムジー(OMG)追加へ、取り扱いは6銘柄に

コインチェックの板取引にLSKとOMGが追加へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェック(Coincheck)提供の現物板取引に、暗号資産リスク(LSK)とオーエムジー(OMG)が追加されることが9月8日発表された。

両銘柄の追加日時は、9月13日の午後が予定されている。対象サービスはCoincheck(WEB)の取引所と取引所APIとなる。

現在コインチェックの現物板取引では、ビットコイン(BTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、モナコイン(MONA)、パレットトークン(PLT)の4銘柄を取り扱っている。

今回予定通りにリスクとオーエムジーが取り扱い開始となれば、コインチェックの取引所サービスでは計6銘柄の暗号資産をサポートすることになる。

なおコインチェックに上場している暗号資産は全19銘柄となる。ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)※板取引のみ、リスク(LSK)、リップル(XRP)、ネム(XEM)、シンボル(XYM)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)、ステラルーメン(XLM)、クアンタム(QTEM)、ベーシックアテンショントークン(BAT)、アイオーエスティー(IOST)、エンジンコイン(ENJ)、オーエムジー(OMG)、パレットトークン(PLT)、ザ・サンドボックス(SAND)、ポルカドット(DOT)が取り扱われている。

関連ニュース

コインチェック、ポルカドット(DOT)上場へ

コインチェック、Othersideにメタバース都市「Oasis MARS」制作開始

IEO、そしてコインチェックの取引所トークン発行の可能性は?(コインチェック執行役員 天羽健介)

コインチェック、水原希子とメタバース都市でコラボ

【取材】コインチェックが米ナスダックへ上場方針発表、SPACで2022年内に

参考:コインチェック
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ