マネーグラム、2024年に独自のノンカストディアルウォレット販売へ

マネーグラムがノンカストディアルウォレットをローンチへ

国際送金ネットワーク「マネーグラム(MoneyGram)」が、独自のノンカストディアルウォレットを販売する計画を9月26日発表した。

発表によれば、マネーグラムのノンカストディアルウォレットは2024年第1四半期に正式ローンチ予定であり、ステーブルコインの技術が活用されるという。このウォレットを用いることでユーザーは、法定通貨からデジタル通貨への交換、またはその逆も可能になるとのことだ。

またマネーグラムは同ウォレットを展開するにあたり、ウォレットの機能を拡張し、「国際送金とブロックチェーン決済の世界の架け橋となる新機能」をアプリ内に導入する予定だという。

同ウォレットサービスが開始されれば、ウォレットの利用者はマネーグラムの加盟店を訪れ、デジタル資産を現金化できるとのことだ。ユーザーはまた、他のウォレットユーザーにデジタル資産を送ることもできるという。

なお同ウォレットは2024年6月まで手数料無料で使用できるとのこと。

また同ウォレットはステラ・ネットワークと統合されたマネーグラムの「フィアット・オン・オフランプ・サービス」を活用するという。なお同ウォレットは、マネーグラムとモバイルアプリ開発のチーズケーキラボ(Cheesecake Labs)が提携し、構築したとのことだ。

マネーグラムは昨年6月、ステラ開発財団(Stellar Development Foundation)と、国際送金サービス「MoneyGram Access(マネーグラムアクセス)」を提供すると発表していた。

また昨年11月、暗号資産取引所であるCoinme(コインミー)と提携し、送金アプリに暗号資産の取引機能を導入している。

関連ニュース

参考:マネーグラム
デザイン:一本寿和
images:iStock/your_photo・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事