テレグラムがDEXやウォレット開発か、FTX崩壊受け

テレグラムがDEXやウォレット開発か

メッセージングプラットフォームのテレグラム(Telegram)創設者兼CEOであるパベル・デュロフ(Pavel Durov)氏が、ノンカストディアルウォレットと分散型取引所(DEX)の開発を始めると12月1日にツイートした。

パべル氏は「ブロックチェーン市場は非中央集権の約束のもとに構築されてきましたが、結局は一部の人に集中し、その力を乱用するようになりました」とツイートした。

このことからテレグラムがノンカストディアルウォレットとDEXの開発を始めようと考えたきっかけは、暗号資産取引所FTXの経営破綻の影響と考えられる。

さらに同氏は「解決策は明確です。ブロックチェーンベースのプロジェクトは、そのルーツである分散化に立ち返るべきです。暗号資産のユーザーはDEXとノンカストディアルウォレットに利用を切り替えるべきです」と伝えている。

同氏はテレグラムの次の取り組みについて「何百万人もの人々が暗号資産を安全に取引・保管できるよう、ノンカストディアルウォレットや分散型取引所などの分散型ツール一式を構築することです。そうすることで現在の過剰な中央集権化によって引き起こされた過ちを修正できます」と示している。

なおノンカストディアルウォレットとは、取引所やサービス提供企業といった中央管理組織ではなく、ユーザー自身がウォレットの秘密鍵を管理するセルフカストディ形式のウォレットのこと。

参考:Telegram CEO
images:iStocks/Who_I_am
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored