マネーグラムがUSDC送金・換金サービス開始、ステラ開発財団と

マネーグラムがUSDC送金および換金サービス開始

国際送金ネットワーク「マネーグラム(MoneyGram)」が、ステラ開発財団(Stellar Development Foundation)と、国際送金サービス「MoneyGram Access(マネーグラムアクセス)」を提供することが6月10日分かった。「MoneyGram Access」の利用対象国は、カナダ、ケニア、フィリピン、米国とのこと。なおステラ開発財団は、ステラネットワークの開発と成長をサポートする非営利団体だ。

「MoneyGram Access」を利用することで、暗号資産(仮想通貨)ステラ(XLM)対応ウォレット利用のユーザーは、マネーグラムの取扱店ネットワークを通じて、サークル(Circle)発行の米ドルステーブルコインUSDCの送金が可能になるとのことだ。これにより銀行口座やクレジットカードを必要とせずに、USDCと現金をシームレスに換金できるとのこと。

まずは、ステラ対応ウォレット「ヴァイブラント(Vibrant)」と「ロブスター(LOBSTR)」の2つが対応し、今後他のウォレットにも対応していく予定とのこと。

マネーグラムは昨年5月、暗号資産および現金取引所であるコインミー(Coinme)と提携し、コインミーが展開しているATMにてビットコインの購入を可能にしている。

関連ニュース

マネーグラムのATMでビットコインの購入が可能に、コインミーと提携

米国際送金大手ウエスタンユニオンがリップル出資のマネーグラムを買収か

参考:MoneyGram
デザイン:一本寿和
images:iStocks/eskymaks

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。