STEPN運営ファインドサトシラボ、web3ソーシャルゲーム「GasHero」リリースへ

Find Satoshi LabがGasHeroリリースへ

Move-and-Earn(動いて稼ぐ)web3ゲーム「ステップン(STEPN)」を運営するファインドサトシラボ(Find Satoshi Lab Limited)が、初のweb3ソーシャルゲーム「ガスヒーロー(GasHero)」を7月10日発表した。

「ガスヒーロー」は、ユーザーが「ガスヒーロー」NFTを収集し、名声、富、権力を求めて戦うマルチプレイヤーゲームとのこと。このゲームは、AIによって滅亡された世界である2084年が舞台となっており、人類を救う為に誕生したガスヒーローが、世界秩序の回復に向けて戦うストーリーだという。

この「ガスヒーロー」では、コミュニティ投票などの取り組みを通じて分散化が体現されており、プレイヤー間で使用されるゲーム内通貨としては「ステップン」のガバナンストークン「GMT(グリーンメタバーストークン)」が利用されるとのことだ。

なお「GMT」は、ソラナ(Solana)のSPL規格、BNBのBEP-20規格、イーサリアム(Ethereum)のERC-20規格のトークンとしてそれぞれのブロックチェーン上で発行されているが、「ガスヒーロー」で使用される「GMT」の発行元については、現在未定となっている。

「ガスヒーロー」のマップ構造や戦闘ルール、パワー要素などといったゲーム内トピックについては、今後数か月にわたって7部構成でリリースされるとのこと。

また「ガスヒーロー」では、960個の「ジェネシスヒーローズ」NFTをデザインするUGC (User Generated Contents)コンテストが開催されるという。なお作品の応募期間は今月10日00:00(UTC)から8月8日23:59(UTC)となっている。

このコンテストの賞金には、総額約200万GMT(約6,200万円)が用意されており、「ジェネシスヒーローズ」NFTのデザインが採用されたクリエイターには、2%の継続的なロイヤリティが支払われるとのことだ。

STEPNとは

STEPNは、web3系フィットネスゲームの代表作。ピーク時のデイリーアクティブユーザー数は約100万人に達した実績がある。またSTEPNは 「Move to Earn(M2E)」と呼ばれるモデルであり、NFTの「デジタルスニーカー」を履いて歩いたり走ったり運動することで、その歩数に応じてユーティリティトークンの「GST:グリーンサトシトークン」を稼ぐことができる仕組みになっている。

「GST」でスニーカーステータスのレベルアップなどが行える他、ガバナンストークンの「GMT(グリーンメタバーストークン)」も必要に応じて使用する仕組みになっている。

現在「STEPN」はソラナ、BNB Chain、イーサリアムの3つのブロックチェーン上で稼働しており、「GST」および「GMT」はソラナのSPL規格、BNBのBEP-20規格、イーサリアムのERC-20規格のトークンとしてそれぞれのブロックチェーン上で発行されている。

22年4月には国内大手スポーツブランドの「アシックス」とコラボした他、22年8月にはスペインの強豪サッカークラブ「アトレティコ・マドリード」と提携を発表して大きな反響を呼んだ。 また同年8月には、LINE Xenesis株式会社とLINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を活用したSTEPNの日本ローカライズ化に向けた発表も行なっている。

関連ニュース

    参考:GasHero1GasHero2
    images:iStocks/Malchev

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    一本寿和

    「あたらしい経済」編集部
    記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
    「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

    「あたらしい経済」編集部
    記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
    「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

    合わせて読みたい記事

    【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

    コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催