米連邦検察、選挙法違反の疑いで元FTX幹部を捜査=WSJ

選挙法違反の疑いで元FTX幹部を捜査

昨年11月に破綻した大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの元幹部が、選挙資金法違反の疑いで捜査されているようだ。ウォールストリートジャーナルが7月11日報じた。

報道によれば、マンハッタンの連邦検察当局は、FTX元幹部のライアン・サラメ(Ryan Salame)氏とその恋人で元下院議員候補のミシェル・ボンド(Michelle Bond)氏を選挙資金法違反の可能性があるとして今年4月より捜査しているという。

ボンド氏は、ニューヨーク州議会第一選挙区の共和党予備選挙に立候補していた2022年の選挙運動にて合計66万ドル(約9,211万円)近い献金を集めたという。そのうちの5万4000ドル(約753万円)以上が、サラメ氏およびFTXなどから寄付されたものだったことが記録に残っているとのことだ。

ちなみにボンド氏は同選挙にて落選してる。

本件は、顧客預金を不正利用した疑いで起訴されたFTXの創業者で前CEOサム・バンクマンフリード(Samuel Bankman-Fried:SBF)被告の事件とは別物だ。ちなみにサム・バンクマンフリード被告の裁判は10月に開かれる予定である。連邦検察によるとSBF氏は詐欺6件、マネーロンダリング1件、選挙法違反1件の計8件で起訴されているが、同氏は無罪を主張している。

なおサラメ氏は今年4月27日、FBIによりマサチューセッツ州ポトマックの自宅を捜査されている。FBIの捜査目的などの詳細は明かされていない。

また一部報道で同氏は、サム・バンクマンフリード被告の指示を受け、FTXの顧客資金を流用し共和党の団体や候補者に2300万ドル(約32.1億円)以上の政治献金を行っていたと報じられていた。

関連ニュース

参考:WSJ
images:Reuters

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない