コンセンシス、イーサリアムL2「Linea」のメインネットα版リリース

コンセンシスの「Linea」メインネットα版がリリース

米コンセンシス(Consensys)開発のイーサリアム(Ethereum)レイヤー2ソリューション「Linea(リネア)」が、メインネットアルファ版のリリース開始を7月11日発表した。なおアルファ版は、開発初期段階における試作・評価版だ。

テストネット版においては、520万のウォレットが参加し、わずか3か月以内に4,100万以上のトランザクションを実行したという。

発表によると今回の「Linea」のメインネットアルファ版のリリースは段階的に行われるようだ。

まずはローンチパートナーへのオンボーディングを同日より開始するという。その後パートナー各社の分散型アプリケーション(Dapps)とインフラが整い次第、7月17~20日に開催される「EthCC(イーサリアムコミュニティカンファレンス)」期間中を目途に一般公開をする予定とのことだ。なおオンボーディングは、利用者に対し機能に慣れてもらうためのサポートプロセスだ。

ただしメインネットアルファ版公開後は、ユーザー・Dapps・ネットワーク自体を保護するためのセーフガードが利用されるという。最初の1週間は、ネットワークへのRPCコールはローンチパートナーのみが利用でき、ブリッジUIはパスワードで保護されるとのこと。

またメインネットアルファ版では、出金に関する複数の制限が設けられるとのこと。その後90日間でブリッジパートナーとの協力のうえ、制限を減らしていく意向であるという。

なおローンチパートナーには、ゲームやID、分散型SNSやNFTプロジェクトといったDappsが参加するとのこと。またコンセンシスが提供するweb3ウォレット「メタマスク(MetaMask)」およびNFTプロジェクト構築支援サービス「コンセンシスNFT(Consensys NFT)」もパートナーと共にメインネットアルファ版に加わるという。

これによりコンセンシスは、「Linea」メインネットアルファ版一般公開に際し、同ネットワークの公式NFTコレクションを発表予定であるとしている。また「メタマスク」においてもブリッジ・スワップ・購入の機能がメインネットアルファ版にて提供される予定とのことだ。

コンセンシス開発の「Linea」は、暗号技術を利用した証明技術「ゼロ知識証明」を用いて開発されたコンセンシス独自のイーサリアムL2スケーリングソリューションだ。同技術によるロールアップ「zk-Rollup」にて正当性を担保しながら計算を別のレイヤーで行い、結果だけを送り返すことでスケーラビリティが向上する仕組みとなっている。

今回リリースされたアルファ版では、L1であるイーサリアムよりも最大15倍低い取引手数料を実現すると述べられている。

なおロールアップとは、元となるブロックチェーンのセキュリティなどを活用しながら、ガス代(ネットワーク手数料)やネットワークの混雑解消を図るスケーリングソリューションである。

コンセンシスによると「Linea」は、既存のブロックチェーンで広く利用されているEVM(イーサリアムバーチャルマシン)と同等に利用可能とのこと。「Linea」のネットワークではweb3ウォレット「メタマスク」やスマートコントラクト開発者用ツール「トリュフ(Truffle)」、RPCの「インフラ(Infura)」などのEVM互換のブロックチェーンで広く利用されてきたサービスを変わらず利用できるという。

なお「Linea」では独自トークンは発行せず、エアドロップも実施しないとのこと。ガス代は、イーサリアムからブリッジされたETHを使用するとのことだ。

ちなみにコンセンシスは6月27日にリブランディングを行い、ロゴの刷新と綴りを「ConsenSys」から「Consensys」へ変更している。

関連ニュース

    参考:Linea
    デザイン:一本寿和
    images:iStocks/dalebor・olegback

    関連するキーワード

    この記事の著者・インタビューイ

    大津賀新也

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    「あたらしい経済」編集部
    記者・編集者
    ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

    合わせて読みたい記事

    【6/18話題】テザーゴールド裏付けの米ドルステーブルコインaUSDT、SNPITのSNPTがGate. ioとMEXCに上場へなど

    テザー社、金裏付けの米ドルステーブルコイン「aUSDT」発表、オーストラリア証券取引所、VanEckの「ビットコイン現物ETF」取扱へ、Doodlesのアバター作成プラットフォーム「stoodio」、イーサL2「Base」に移行へ、日本発Snap to Earn「SNPIT」のトークン「SNPT」、Gate. ioとMEXCに上場へ、アニモカジャパン、NFTローンチパッド「SORAH」提供開始、バイナンスにZKsync(ZK)上場へ、ユニスワップ、イーサリアムL2「ZKsync」で稼働開始、台湾、暗号資産業界の自主規制団体「台湾暗号資産ビジネス協会」を正式始動、ビットコインL2「スタックス(STX)」、ブロック生成で約9時間の遅延発生、金融庁、無登録運営で「LBank Exchange」に警告、インターネットコンピューターの支援団体「ICP Japan」発足、ローンチイベント6/29開催

    Sponsored