コンセンシス、イーサリアムL2「zkEVM」のテストネットをローンチ

コンセンシスが「zkEVM」のテストネットローンチ

イーサリアム(Ethereum)関連技術開発企業の米コンセンシス(ConsenSys)が、「ゼロ知識証明」を利用した独自のイーサリアムL2チェーン「zkEVM(Zero Knowledge Ethereum Virtual Machine)」のプライベートベータテストネットをローンチした。同社が12月13日発表した。

コンセンシスによると「zkEVM」は、既存のブロックチェーンで広く利用されているEVM(イーサリアムバーチャルマシン)と同等に利用可能とのこと。「zkEVM」のネットワークではweb3ウォレット「メタマスク(Metamask)」やスマートコントラクト開発者用ツール「トリュフ(Truffle)」、RPCの「インフラ(Infura)」などのEVM互換のブロックチェーンで広く利用されてきたサービスを変わらず利用できるという。

なお「zkEVM」は、暗号技術を利用した証明技術「ゼロ知識証明」が用いられている。この技術により正当性を担保しながら計算を別のレイヤーで行い、結果だけを送り返すことでスケーラビリティが向上させる仕組みだ。

今回ローンチが発表されたテストネットは、初めにコンセンシス内部のメンバーによってテストが実施されることが発表されており、1月から許可リストを作成し外部のユーザーにも順次公開されていくという。

またテストネットに参加した開発者は、各々自由にスマートコントラクトやDapps(分散型アプリケーション)を「zkEVM」にデプロイができるとのこと。開発者以外のユーザーは、イーサリアムのテストネット「ゴエリ(Goerli)」からブリッジを利用したトークンの移動や、デプロイされたアプリケーションの使用ができるそうだ。

コンセンシスは同社ブログにて、テスターに対しての報酬を考えているものの、未だ詳細は決まっておらず、トークンの発行についても、ベータテストの現段階では言及しないとしている。

なおテストネットに参加したいユーザーは、コンセンシスのホームページからインフラにサインインしたのちに順番待ちリストに登録する必要があるとのことだ。 

関連ニュース

メタマスクのユーザーデータ収集問題、コンセンシスCEOジョセフルービンが否定

COP27で環境問題に取組む「イーサリアム・クライメイト・プラットフォーム」設立発表、コンセンシスなど複数のweb3企業らが

メタマスクが助成金DAO、コンセンシス全従業員参加し外部開発者支援へ

dYdX財団、新CEOに元コンセンシスのチャールズ・ダハウシーが就任

コンセンシスとスタークウェア提携、メタマスク等に「ZK-Rollups」提供へ

参考:コンセンシス
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催