STEPNで「GMT」獲得可能に、レべル30で本日中に開始

STEPNがGMT収益プラン開始へ

Move-and-Earn(動いて稼ぐ)web3ゲーム「STEPN(ステップン)」が、「GMT収益プラン(GMT Earning Plans)」を開始することを9月27日発表した。

今まで同ゲームプレイで得られる暗号資産は「GST(グリーンサトシトークン)」のみだったが、今回の計画によりSTEPNのガバナンストークンで発行上限がある「GMT(グリーンメタバーストークン)」も獲得対象に追加されるという。

これまで「GMT」を入手するには同トークンを取り扱うバイナンス(Binance)などの海外暗号資産取引所やDeFi(分散型金融)を利用する必要があった。

なお同計画による「GMT」獲得には、レベル30のNFTスニーカーが必要となる。同スニーカーを保有したうえで、獲得モードを「GST」から「GMT」に切り替える必要があるという。なお切り替えはスニーカーのクールダウン時間なしで行えるとのこと。

また「GMT」獲得数のレートは、「GMT」モードのアクティブユーザー数に基づいて1分毎に変化するという。なお現時点では全てのNFTスニーカーを対象とした「クラシックプール」にプールされた「GMT」が配布されるとのこと。今後については、より「GMT」の獲得ができる「レインボー」、「レインボープラス」、「シャーデンフロイデ」のプールに対応したNFTスニーカーがローンチされる見込みとなっているという。

公式ツイッターの9月27日21:30頃(日本時間)のアナウンスによると「GMT収益プラン」の開始は24時間以内に開始されるとのことだ。

STEPNとは

「STEPN」はNFTスニーカーを利用し、ウォーキングやジョギングの歩数に応じてユーティリティトークンの「GST:グリーンサトシトークン」を稼ぐことができるMove-and-Earnゲームである。「GST」でスニーカーステータスのレベルアップなどが行える他、ガバナンストークンの「GMT」も必要に応じて使用する仕組みになっている。

現在「STEPN」はソラナ、BNB Chain、イーサリアムの3つのブロックチェーン上で稼働しており、「GST」および「GMT」はソラナのSPL規格、BNBのBEP-20規格、イーサリアムのERC-20規格のトークンとしてそれぞれのブロックチェーン上で発行されている。

また第4のレルム(王国:経済圏)としてLINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」上でSTEPNが開発されることが発表されている。

関連ニュース

「STEPN」がアトレティコマドリードと提携、イーサリアムでNFTサッカーシューズ販売へ

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結

STEPNの「GMT」、FTXがERC20でサポート開始

「○○ to Earn」の利点と課題、STEPNから学べること

歩いて稼げるSTEPN、中国でサービス提供停止へ

参考:STEPN
デザイン:一本寿和
images:iStocks/namaki

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。