マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

マスターカードでNFTカスタマイズ可能なデビッドカード、hiが提供

暗号資産(仮想通貨)取引サービス提供のhiが、マスターカード(Mastercard)が提供するNFTカスタマイズ機能を搭載した世界初のデビットカードを9月26日に発表した。このデビットカードは、利用者が保有するNFTをカード表面に表示することができる。またデビットカード利用者には1から10%のキャッシュバック特典もあるとのことだ。

hiの共同創設者であるショーン・レイチ(Sean Rach)氏は「NFTカスタマイズのデビットカードは見た目が素晴らしいだけでなく、これは人々がどのオンラインコミュニティに属しているかを、現実の世界で示す素晴らしい方法です。法定通貨、ステーブルコイン、その他の暗号資産を柔軟に使うことができ、魅力的な金銭的・生活的報酬と組み合わせることで、私たちのカードが市場のゲームチェンジャーになると確信しています」とリリースで伝えている。

マスターカードのCrypto and Fintech Enablement担当上級副社長であるクリスチャン・ラウ(Christian Rau)氏は「暗号資産とNFTに対する消費者の関心が高まり続ける中、私たちは暗号資産とNFTの利用を希望するコミュニティにとって、利用しやすい決済の選択肢となるよう尽力しています。hiと協力して市場のイノベーションを推進し、マスターカードに期待される安全性とセキュリティとともに、カスタマイズ可能なカードを実現できることを誇りに思います」

ちなみに今年8月にマスターカードと暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスがアルゼンチンでデビッドカードの「バイナンスカード(Binance Card)」の提供を発表している。

参考:mastercard
images:iStocks/jbk_photography・Ninja-Studios

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した