お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ

千房がLINE NEXTと提携

お好み焼専門店「千房」を展開する千房ホールディングスが、グローバルNFTプラットフォーム「DOSI」運営のLINE NEXT(ラインネクスト)との提携を4月16日発表した。

LINE NEXTは、LINEヤフーの子会社として「DOSI」の事業運営を行う米国法人だ。2022年9月にサービス開始した「DOSI」は、今年1月に正式版としてリニューアルし、日本を含む世界180ヵ国において展開開始した。

今回の提携により「千房」では、「DOSI」を通じて「千房」の商品に関するクーポン等をデジタルアイテム(NFT)として数量限定で販売するとのこと。

クーポンには、「千房」で一番人気商品の道頓堀焼(通常価格1,950円)を1,000円(税込)で無制限に1年間注文できる「DotonboriYAKI VIP」や、サッポロ黒ラベルの生ビールが来店につき1杯無料で1年間注文できる「CHIBO’s SAPPORO draft Beer」がある。

またその他にも全商品の支払い金額の10%もしくは20%を来店につき割引する、2025年6月31日まで有効のデジタルアイテム「CHIBO VIP item with 10% off」と「CHIBO VIP item with 20% off」もある。

ただしこれらデジタルアイテムの利用は、「千房」の千日前本店と道頓堀ビル店でのみ可能となっている。

ちなみにLINE NEXTは昨年12月13日、Web3エコシステムの拡大に向けて1.4億ドル(約200億円)の資金調達を決定した。LINE NEXTへ出資したのはPE(プライベートエクイティ)ファンドであるクレッシェンド・エクイティ・パートナーズ(CRESCENDO EQUITY PARTNERS LIMITED)が主導するコンソーシアム。

なおクレッシェンドエクイティは、ペイパル(PayPal)共同創業者でシリコンバレーを代表する投資家ピーター・ティール(Peter Thiel)氏が出資したPEファンドだ。

関連ニュース

参考:千房
images:PIXT

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資