国内展開「LINE NFT」が終了、グローバル版「DOSI」に移行へ

「LINE NFT」が終了しグローバル版「DOSI」に移行へ

LINE Xenesis(ラインジェネシス)提供の「LINE NFT」や「DOSI Wallet」などの国内向けのNFT関連サービスが、2024年1月5日より順次終了する。LINEヤフーが11月15日発表した。今後の国内向けNFT関連サービスは、来年1月10日にリニューアルされるグローバルNFTプラットフォーム「DOSI」にて提供されるとのことだ。

なおLINE Xenesisは、LINEヤフーの暗号資産(仮想通貨)事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLINEヤフーの子会社だ。なお「DOSI」および「DOSI Wallet」は、グローバルNFTプラットフォームの事業運営を行うLINEヤフーの子会社で米国法人のLINE NEXT(ラインネクスト)が提供している。

LINEヤフーによると現在ユーザーが「DOSI Wallet」で保有するデジタルアセットは、LINE NEXTへの情報提供同意など、所定の手続き後、新「DOSI」の利用規約への同意で利用可能になる予定だという。ちなみに国内向けのNFT関連サービスの運営主体に関しても、LINE XenesisからLINE NEXTへ移行されるとのこと。LINE NEXTは、日本も含めたグローバルでのサービス提供を行っていくとのことだ。

LINEヤフーは、リニューアル後の「DOSI」への登録により、日本ユーザーは海外のNFTを購入可能になる他、海外ユーザーとの取引もできるようになると説明している。

また、今回のNFT関連サービスの終了にあわせて新たな「DOSI」では、これまで個々に提供してきたマーケット、ウォレットなどを一本化したサービスへとリニューアルし、既存のWebサービスに加え、新たにアプリも提供する予定とのことだ。

発表によると「LINENFT」はサービス開始後1年6ヶ月の間で100を超えるブランドから約34万点以上のNFTが販売され、約33万回の取引がされるなど、多くのユーザーに利用されていたとのこと。

また「DOSI」および「LINE NFT」のNFTウォレットとしてサービスを展開している「DOSI Wallet」は、2022年9月に「DOSI」の専用ウォレットとしてサービスを開始。グローバルユーザーを中心に拡大を続け、今年3月には日本ユーザー向けに提供していた「LINE BITMAX Wallet」と統合し、現在登録アカウント数は540万を超えているという。

終了スケジュール

・2024年1月5日(予定)

LINE NFT終了

・2024年1月10日(予定)

DOSI Wallet終了 ・新「DOSI」リリース

DOSI Citizen、ACRZストア、AVAのLINE Xenesisによるサービス提供を終了

関連ニュース

参考:LINEヤフー
images:iStocks/Foryou13

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も