LINEヤフーのNFTマーケットプレイス「DOSI」、正式版を提供開始

「DOSI」がリニューアルし、正式版を提供開始

LINE NEXT(ラインネクスト)が、デジタル・コマース(D-Commerce)のプラットフォームとしてリニューアルした「DOSI(ドシ)」の提供開始を1月11日発表した。

LINE NEXTは、LINEヤフーの子会社でグローバルNFTプラットフォームの事業運営を行う米国法人。「DOSI」は、LINEのグローバル向けNFTプラットフォームとして同社が2022年9月にサービスを開始している。同社は今回リニューアルした「DOSI」を正式版として、日本を含む世界180ヵ国において提供開始したとのことだ。

なお正式版「DOSI」では既存のWebサービスに加え、新たにAndroid(アンドロイド)版のモバイルアプリを公開したという。なおiOS版アプリについては順次提供を進めるとのことだ。

「DOSI」のリニューアルにあたっては、日本国内向けのNFT関連サービスであるLINE Xenesis(ラインジェネシス)提供の「LINE NFT」や「DOSI Wallet」などが1月5日に終了していた。これにより、LINEが提供する日本向けのNFT関連サービスは「DOSI」正式版に運営が一本化された形となった。

「DOSI」正式版の提供開始により今後日本ユーザーは、海外のNFTを購入できるようになるうえ、海外ユーザーと取引が可能になるなど、日本を越えたグローバル市場でNFTを楽しめるとのことだ。

なお、LINE Xenesisが提供していたLINE NFTなどのNFT関連サービスや、Finschia(旧LINE Blockchain)基盤のサービスにて発行されたNFTは、一部NFTを除き関連手続きを行うことで「DOSI」にて引き続き利用可能となっている。

また新たに提供開始となった「DOSI」では、Web3に馴染みがないユーザーでも簡単に利用できるようLINEなどのSNSアカウントを利用したソーシャルログインやモバイル決済を提供しているとのこと。LINE PayやApple Pay、Google Pay、Naver Pay、そしてFNSAとETHといった暗号資産などでデジタルアイテムの購入が可能とのことだ。

LINE NEXTは昨年12月13日、Web3エコシステムの拡大に向けて1.4億ドル(約200億円)の資金調達を決定した。LINE NEXTへ出資したのはPE(プライベートエクイティ)ファンドであるクレッシェンド・エクイティ・パートナーズ(CRESCENDO EQUITY PARTNERS LIMITED)が主導するコンソーシアム。

なおクレッシェンドエクイティは、ペイパル(PayPal)共同創業者でシリコンバレーを代表する投資家ピーター・ティール(Peter Thiel)氏が出資したPEファンドだ。

関連ニュース

参考:LINEヤフー
images:iStock/ne2pi

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も