LINE NEXT、Web3エコシステム拡大に向け約200億円の資金調達へ

LINE NEXTが約200億円の資金調達へ

グローバルNFTプラットフォームの企画・開発を行うLINEヤフーの子会社LINE NEXT(ラインネクスト)が、Web3エコシステムの拡大に向けて1.4億ドル(約200億円)の資金調達を決定した。LINEヤフーが12月13日発表した。

LINEヤフーによると今回の調達は、アジアのブロックチェーンおよびWeb3業界において今年最大規模のものになるという。

今回LINE NEXTは出資したのはPE(プライベートエクイティ)ファンドであるクレッシェンド・エクイティ・パートナーズ(CRESCENDO EQUITY PARTNERS LIMITED)が主導するコンソーシアムとのこと。

なおクレッシェンドエクイティは、ペイパル(PayPal)共同創業者でシリコンバレーを代表する投資家ピーター・ティール(Peter Thiel)氏が出資したPEファンド。同社では、テクノロジー分野での中小企業を発掘し、グローバルトップ企業に成長させることを目指しているという。

今回の調達にてLINE NEXTは、Web3のさらなる普及に向け、グローバルビジネスの拡大や新規サービスの開発を進めていくとしている。

LINE NEXTが提供するグローバルNFTプラットフォーム「DOSI」は、来年1月にさまざまなデジタルアイテムを取引できるデジタルマーケットプレイスへのリニューアルが予定されている。

それに伴い、LINE Xenesis(ラインジェネシス)提供の「LINE NFT」や「DOSI Wallet」などの国内向けのNFT関連サービスは、「DOSI」へ一本化されることになっている。

LINEヤフーによると現在ユーザーが「DOSI Wallet」で保有するデジタルアセットは、LINE NEXTへの情報提供同意など、所定の手続き後、新「DOSI」の利用規約への同意で利用可能になる予定だという。ちなみに国内向けのNFT関連サービスの運営主体に関しても、LINE XenesisからLINE NEXTへ移行されるとのことだ。

関連ニュース

参考:LINEヤフー
images:iStocks/BadBrother・Ket4up

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も