LINEらのフィンシア(FNSA)がパブリックローンチ、エンドポイント公開によるdapps構築も可能に

フィンシアがパブリックネットワークをローンチしエンドポイント公開

「フィンシア:FINSCHIA(FNSA)」の運営を行うFinschia Foundation(フィンシア財団)が、12月27日に同ブロックチェーンをパブリックローンチし、アプリケーションノードのエンドポイントを公開した。

なおアプリケーションノードのエンドポイントは、ブロックチェーンにアクセスするための接続先である。

「フィンシア」は、LINE独自開発のプライベートチェーンとなる「LINE Blockchain」がリブランディングを行い、名称変更したブロックチェーンだ。現在運営元は、LINEのグループ会社LINE TECH PLUS(ラインテックプラス:LTP)から非営利団体であるフィンシア財団へ移行している。

今回のパブリックローンチにより開発者は、「フィンシア」上で分散型アプリケーション(DApps)の構築などを自由に行えるようになった。

また独自のフルノードを立ち上げてアプリケーションノードと対話することで、トランザクションの実行およびクエリが可能になったという。

またそれだけでなくエンドポイントを利用することで、財団によるアプリケーションノードに直接アクセスして、トランザクションの実行およびクエリを実行することも可能になったとのこと。つまりエンドポイントの公開により、個人でノード立てずとも誰でも簡単にdapps(分散型アプリ)構築出来るようになったいうことだ。

なお現在は「フィンシア」のメインネットポリシーに基づいて、ガバナンスモジュールに関するトランザクションは一般のユーザーからはブロードキャストできず、FGM(フィンシアガバナンスメンバー)によってのみブロードキャスト可能となっている。

「フィンシア」は、オープンネットワーク(パブリックチェーン)化を目指している。現在は、LTP主体のガバナンス体制をフィンシア財団が運営するコンソーシアム型へと転換しており、同財団はガバナンスメンバーおよびノードオペレーターを増やし続けている状況だ。

12月28日には、韓国で人気のあるNFTを基盤にしたコミュニティを提供するバグホール(BUGHOLE)が、「フィンシア」のガバナンスメンバーおよびノードオペレーターとして参加を発表している。

その発表によるとバグホールは今後、コミュニティとのコミュニケーションに取り組み、コミュニティメンバーがオンチェーンガバナンスに積極的かつ熱心に参加するためのインセンティブを提供するとのことだ。

なおフィンシア財団のガバナンス初期メンバーは、ソフトバンク(SoftBank)、米LINE NEXT(ラインネクスト)、韓国LINE NEXT、国内企業LINE Xenesis(ラインジェネシス)、A41(アポティワン)、AhnLab Blockchain Company(アンラボブロックチェーンカンパニー)、GoodGang Labs(グッドギャングラボ)、Neopin(ネオピン)、Presto Labs(プレストラボ)、MARBLEX(マーブレックス)の10社。その後サーティック(CertiK)、クレッシェンド(Crescendo)ディライト(DELIGHT)、が参加しており、今回のバグホールが追加されたことにより、ガバナンスメンバーは14社となる。

フィンシア財団は、今年3月にLINEのグループ会社LINE TECH PLUS(ラインテックプラス:LTP)が、アラブ首長国連邦アブダビにおいて設立した非営利団体。グローバルWeb3事業の拡大を目指して設立された。

関連ニュース

参考:フィンシアブログフィンシアガバナンス
images:iStocks/peterschreiber.media・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も