LINE NEXT、web3ゲーミングプラットフォーム「GAME DOSI」発表

Web3ゲーミングプラットフォーム「GAME DOSI」を発表

LINE NEXT(ラインネクスト)が、Web3ゲームのオールインワンプラットフォーム「GAME DOSI(ゲームドシ)」のティザーサイトを公開した。

LINE NEXTは、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」およびグローバルNFTプラットフォームの事業運営を行う、LINEの子会社だ。

今回発表された「GAME DOSI(ゲームドシ)」は、ユーザーと開発者の双方が楽しめるブロックチェーン基盤のweb3ゲームプラットフォームとのこと。ユーザーはゲームを楽しみながら、デジタルで商品を保有・取引が可能となり、開発者側はゲームを便利に作成するための様々なソリューションを得ることができるという。具体的には、容易に使えるゲーム開発キットツールや管理システムの提供、開発における規制やリスクに関する法的サポート、マーケティング・プロモーション支援、ゲームにおけるトークンエコノミー構築の最適化のためのコンサルティング、コミュニティ構築機能、ゲーム開発に便利な既製のアセットとオープンソースのリソースなどが提供されるようだ。

LINE NEXTは「GAME DOSI」で、グローバルNFTのエコシステムの更なる拡大を目指し、web3ゲーミングの成長を加速させたいとしており、近々ゲームの先行販売も予定している。

なお同社は9月14日にグローバルNFTプラットフォーム「DOSI(ドシ)」のベータ版を提供開始。11月8日にはNFTストア「DOSI Store」で購入したNFTを他の「DOSI」ユーザーと売買可能となるC2C(ユーザー間)取引サービスの開始を発表していた。

関連ニュース

LINE NEXT、NFTプラットフォーム「DOSI」専用ウォレット提供開始

LINE NEXTのNFTプラットフォーム 「DOSI」、C2C取引サービス開始

LINE NEXTがNFTプラットフォーム 「DOSI」β版提供開始、日本にも先々展開か

ソフトバンクやNAVERら、LINE NEXTのグローバルNFT事業へ約13.6億円投資

LINE、グローバル向けNFTプラットフォーム「DOSI」発表

参考:LINE
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ploystock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored