ソラナのNFTマーケットプレイス「Tensor」、独自トークン「TNSR」発表

Tensorが独自トークン「TNSR」発表

ソラナ(Solana)上のNFTマーケットプレイス「テンソル(Tensor)」を管理するテンソル財団(Tensor Foundation)が、同マーケットプレイス向けの独自トークン「TNSR」を3月13日発表した。

発表によるとTNSRは、「テンソル」上のクリエイターとビルダーを含むエコシステムの育成に活用され、またコミュニティによる「テンソル」の管理の為に使用されるとのこと(ガバナンストークンになると思われる)。

なお今回の発表では「TNSR」のエアドロップについて説明されておらず、同トークンの詳細については改めて近日中に発表されるとのこと。

また既に「テンソル」では、20億ドル(約3,000億円)相当のNFT が取引されており、過去90日間でソラナにおけるNFT取引量の70%以上を占めたとのことだ。

関連ニュース

images:iStocks/Foryou13

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない